輝きが向こう側へ!

輝きが向こう側へ!

思いついたことをそのまま記事にしている何の脈略もないブログです。アニメやゲームの感想等を掲載。

【ネタバレ・感想】96分を怒涛に駆け抜ける感覚『Gのレコンギスタ I 行け!コア・ファイター』

タイトル:Gのレコンギスタ I 行け!コア・ファイター
制作会社:サンライズ
原作:富野由悠季、矢立肇
監督・脚本:富野由悠季
キャラクターデザイン:
吉田健一
総作画監督:
吉田健一、桑名郁朗
音楽:菅野祐悟
キャスト:ベルリ・ゼナム/石井マーク、アイーダ・スルガン/嶋村侑、ラライヤ・マンディ/福井裕佳梨、ノレド・ナグ/寿美菜子 他
配給:バンダイナムコアーツ
公開日:2019年11月29日 上映時間:96分

劇場版『Gのレコンギスタ  I』「行け! コア・ファイター」 (特装限定版) [Blu-ray]

劇場版『Gのレコンギスタ I』「行け! コア・ファイター」 (特装限定版) [Blu-ray]

 

地球上のエネルギー源フォトン・バッテリーを宇宙よりもたらすキャピタル・タワーを護るキャピタル・ガードの候補生ベルリ・ゼナム(声:石井マーク)は、初めての実習で宇宙海賊の襲撃に遭遇。捕獲に協力するが、捕まった少女アイーダ(声:嶋村侑)に不思議な何かを感じる。そして彼女がG-セルフと呼ぶ、限られた人間にしか動かせないはずの高性能モビルスーツを、何故かベルリが起動させることができてしまう。宇宙世紀終焉後の時代、少年少女の冒険は世界の真相に直進する。

MovieWalker



 映画化の話は常々出ていたものの、なかなか情報公開されない時期がありましたが、TVシリーズ『ガンダム Gのレコンギシタ』の本放送から5年の月日を経てようやく公開されました。全5部作の1作目。副題は『行け!コア・ファイター』。昔のアニメの予告タイトルみたいで、今となっては逆にインパクトを感じます。実のところ、自分はTVシリーズを観ておらず、予習もせずに真っさらな気持ちで観てみることに。
 

96分を怒涛に駆け抜ける感覚
 ファーストガンダム・Zガンダム・ターンAガンダムの様に、TVシリーズの再編集ではあるのですが、総集編的なブツ切り感はありませんでした。しかしながら、一瞬でも見逃すと訳が分からなくなるぐらいの詰め込み具合で、「着いて来られるものなら着いて来い!」とでも言わんばかりのスピーディーな構成。これが、富野監督が公言していたターゲットである小中学生に向けた構成なのか、一言で言えば快活な作りと感じられました。歳を取るほどに、作家という者は説教臭くなるのが世の常。そんな中で、こういった作品が作れるのは、気持ちが若いなと思わされます。正直なところ、少し間が欲しいなと思わなくもないのですが、もうエンドクレジットなのかと、96分を怒涛に駆け抜ける感覚がこの作品の面白さの1つであるのかもしれません。


かつて贔屓にしていたお店が今もやっていた嬉しさ
 ガンダムだけでなく、これまでの富野監督が携わってきた作品の集大成であることは確か。独特な言葉遣い、暗転、キャラのカットイン等々。演出に関しては、自身の使える技が散りばめられた作りになっているので、実に富野監督作品だなと思う場面が多々ありました。見慣れた演出に、晩年の出崎監督の演出を彷彿としてしまい、ちょっと面白く感じてしまう一面があるものの、かつて贔屓にしていたお店が今もやっていた嬉しさみたいなものもまたありました。
 この作品はやっぱりガンダムなんだなと思い出させるかのごとく、ミノフスキー粒子が物語に組み込まれていました。宇宙世紀からこの時代に至るまで名を轟かせているミノフスキー粒子と、『鉄腕アトム』の昭和の時代から『Gのレコンギスタ』の令和の時代に至るまで、同じく名を轟かせている富野由悠季。というのをミノフスキー粒子で暗示させていたのかなと思ってしまったのですが、考え過ぎですかね。


ターンAガンダムの再構築、F91のリベンジなのか
 初見の感想として、話の内容としてはターンAガンダムの再構築。さらには、TVシリーズまで繋げられなかったF91のリベンジといった、遣り残したことを、ここで行っているのではないかと感じられました。戦争物ではあるけれども、皆に観てもらうには娯楽作品に昇華させる必要があり、シリアスとコメディの配分にはかなり気を使われていたのではないでしょうか。ザブングルやZZガンダムほどコメディ寄りにはせずに、かといってくそ真面目にはシリアスにさせない塩梅。物語終盤、Gセルフとコアファイターがドッキングした際に、コアファイターが突っ込むところに整備員がいて、シリアス寄りだったら普通亡くなっているところが亡くなりません。整備員が中にいるまま、Gセルフが高速で動いていても問題なし。ファーストガンダムで、ミサイルの爆風で飛び散ったミハルの立場は一体。とはいえ、紆余曲折あって、Gのレコンギスタの味付けに辿り着いたのだろうなと思うのでした。この映画を観て、気になったらTVシリーズを見始めようかと思っていたのですが、これは新鮮な気持ちで見続けた方が良さそうだと、来年2月の第2作を楽しみに待つことに。