輝きが向こう側へ!

輝きが向こう側へ!

思いついたことをそのまま記事にしている何の脈略もないブログです。アニメやゲームの感想等を掲載。

【ネタバレ・感想】心機一転、新たな作品に取り組んで欲しかった『薄暮』

タイトル:薄暮
制作会社:Twilight Studio
原作・監督・脚本・音響監督:山本寛
キャラクターデザイン・総作画監督:
近岡直
音楽:鹿野草平
キャスト:小山佐智/桜田ひより、雉子波祐介/加藤清史郎、他
配給:プレシディオ 公開日:2019年6月21日 上映時間:52分

薄暮(はくぼ)

薄暮(はくぼ)

 

福島県いわき市の女子高校生・佐智(声:桜田ひより)は、2011年3月11日に起きた東日本大震災で心に傷を負い、それ以来、友達や家族から距離を置きながら、人にも恋にも無関心に生きていた。佐智は幼いころからヴァイオリンを続けており、高校で音楽部に所属しながら、文化祭で四重奏を披露するため、日々練習に追われている。同じころ、震災で実家が帰宅困難地域となり、いわきに避難してきた男子高校生・祐介(加藤清史郎)は、当たり前の景色が失われてしまう現実を目の当たりにし、“美しい今”を絵画として残そうと描き始める。祐介は、展覧会に出品する夕景画を描くため田園地帯を訪れ、夕映えのなか、佐智と出会う。二人は心の交流を続け、やがて恋へと発展していく……。

MovieWalker

 



 『山本寛オリジナル作品「薄暮」アニメ制作プロジェクト』というクラウドファンディングの企画が2017年に立ち上がりました。映像演出家として、心機一転してどういった作品が作られるのかと思い、支援してみることに。それからしばらくしての今年6月、試写会が開催されたのですが、それには都合が悪く参加できず。実際に本編を観ることができたのは7月に入ってからとなりました。
 

今を描いた作品ではあるものの、チグハグさが気になった
 上映時間52分。映画としては短編にあたるものでしたが、そう短いとは感じずに観ることができました。そう感じたのは作劇としてまとまっていたからでしょう。部活動と帰路のシーンを交互に配置されていて、構成としては単純ながら頭に入りやすい作り。日常の描き方としても、美麗な風景描写も相まって、リアルな日常とリンクさせてくれるものでした。物語としては、どストレートな青春もの。とはいえ、ここ何年間か続いていた青春ものの映画の流れとは外れたもので、言ってしまえば古めかしい感じの昭和の青春ものに近しいものでした。この手の話、嫌いではないものの、今を描いている作品としては、個人的には何だか引っかかるものでして、LINE的なものや、放射線量測定値のニュース映像といった、今だなと感じさせるものがありながら、言葉のセンスが今時ではないので、チグハグなところが気になってしまいました。監督が考えた物語をストレートに表現するには自身で脚本を担当されるのがベストだとは思いますが、自身の発想だけにはとどまらないものを作るためには、若手の作家さんに任せるか、アドバイザー的なポジションの方を用意したほうが良かったのではないかと感じました。とはいえ、昔ながらのものが好きだという方もいるでしょうし、その辺りの評価は個人の感性によって変わってくるでしょう。


背景描写が美麗で、ご当地アニメとしての説得力を感じる
 いわき市が舞台。自分自身、いわき市には足を運んだことはないものの、田舎の風景については見慣れたもので、アニメなので表現としては可笑しいかもしれないですが、嘘が少ないなと感じるほど、リアルな風景が描かれていました。これは作品タイトルともなっている『薄暮』を描く上で、この風景で感動するものか?という疑問が生まれてしまっては作品として成立しなくなるので、美麗な背景描写が出来ていた時点で作品としては成功したといっても過言ではないと感じました。そしてそれは、ご当地アニメとしての説得力にも繋がります。おそらく、地元の方が観れば、こうも生まれ育った町を丁寧に描写してくれたのかと、感動させられるものであったと思います。


正直余計だなと思ったこと
 本編の通して観た中で気になったのは、監督がかつて携わった作品のセリフパロディがあった点です。『らき☆すた』であった、「くさいよねー」のくだり。これが本編中2回も入れられている。そして、ところどころで登場する見たことがあるようなキャラクター達。心機一転、新たな作品に取り組まれるものと思っていたので、正直余計だなと思いました。これは、人によってはファンサービスになりえるので、それほど気にはならないのですが、一番気になったのは次の点。アニメプロデューサーが憎いことは重々承知ですが、その気持ちをこの作品にわざわざ入れる必要はなかったということです。これらの点は、知らない人からすれば何のことやらとなることばかりですので、真摯に福島の方に向けての作品作りをして欲しかった。その一点に尽きます。


クラウドファンディングの良さと難しさ
 気になった点はありますが、総体的に見て悪い作品ではありません。メインキャストのお2人も、この作品特有の青さを表現するにはハマったキャスティング。サブキャストが有名どころの声優さんなので、その辺りの台詞の掛け合いは安心して眺めていられる。ただ、個人的に気になる点があるだけで、観る人が観れば、何も気にすることなく純粋に楽しめる作品になっていることでしょう。自分自身にとっては、クラウドファンディングで作られる作品の、良さも難しさも知ることが出来た作品となりました。

【ライブレポート】声優アーティストの歴史を体感できる珍しいイベント『声優紅白歌合戦2019』

イベント詳細

声優紅白歌合戦2019
開催日:2019/04/14
    開場16:30 開演17:30
会 場:舞浜アンフィシアター(千葉県)
発起人:中田譲治
司 会:諏訪部順一、植田佳奈
出 演:
<紅組>
井上喜久子、井上ほの花、岩男潤子、笠原弘子、小松未可子、中川翔子、日髙のり子、平野綾、横山智佐
<白組>
井上和彦、内田直哉、大塚明夫、黒田崇矢、関智一、武内駿輔、豊永利行、平川大輔、堀内賢雄
<ゲスト>
秋元羊介、飯島肇、勝杏里

出演者感想まとめ


中田譲治さんの交友関係の広さに驚き

 中田譲治さんのツイッターでの発言が発端となり、開催されることになった声優紅白歌合戦。中田さんが出演者を直接オファーされただけあって、普段ならなかなか出演してくれないであろうレジェンド級のベテランから、ここ数年の間にデビューされた若手まで幅広い世代の声優さんが出演。同世代から下の世代まで、中田さんの交友関係の広さには驚きです。分け隔てなく人と接する人柄だからこそ集った出演者とも言えるでしょう。

 会場に到着したのが開演時間20分前ぐらい。この時点で、長い入場待機列ができていました。調べてみたところ、開場時間が30分ほど遅れたようで、この状況も納得。この為に開演時間が10分遅れてしまいましたが、思っていたほど遅れることはありませんでした。

f:id:huurai0:20190714183721j:plain


セットリスト

M01:God knows...(涼宮ハルヒの憂鬱 #12 挿入歌)
   涼宮ハルヒの詰合(06/06/21)より

   作詞:畑亜貴
   作曲・編曲:神前暁
   歌:平野綾


M02:銀河鉄道999(銀河鉄道999 OP)
   銀河鉄道999 主題歌・挿入歌集(79/02/01)より

   作詞:橋本淳
   作曲:平尾昌晃
   編曲:青木望
   歌:武内駿輔

M03:昭和ブルース(MGS PEACE WALKER キャラソン)
   METAL GEAR SOLID PEACE WALKER
   平和と和平のブルース(10/09/22)より

   作詞:山上路夫
   作曲:佐藤勝
   歌:大塚明夫

M04:手のひらの宇宙(KEY THE METAL IDOL #15 主題歌)
   手のひらの宇宙(97/07/18)より

   作詞:濱田理恵
   作曲・編曲:寺嶋民哉
   歌:岩男潤子

M05:愛としか呼べない(アンジェリーク キャラソン)
   愛としか呼べない(97/04/09)より

   作詞:森由里子
   作曲:岡本朗
   編曲:伊藤真澄
   歌:堀内賢雄

M06:Shooting Star(おねがい☆ティーチャー OP)
   Shooting star(02/01/26)より

   作詞:KOTOKO
   作曲:折戸伸治
   編曲:高瀬一矢
   歌:井上喜久子

M07:水中飛行論における多角的アプローチ(Free! キャラソン)
   Free!キャラクターソング Vol.5(13/09/04)より

   作詞:こだまさおり
   作曲・編曲:佐々木裕
   歌:平川大輔

M08:ブルーバード(NARUTO -ナルト- 疾風伝 OP3)
   ブルーバード(08/07/09)より

   作詞・作曲:水野良樹
   編曲:江口亮
   歌:井上ほの花、井上喜久子

M09:チャンピオン
   チャンピオン(78/12/15)より

   作詞・作曲:谷村新司
   編曲:石川鷹彦
   歌:大塚明夫、黒田崇矢

M10:トップをねらえ! ~Fly High~(トップをねらえ! 挿入歌)
   トップをねらえ! 音楽大図鑑(89/06/07)より

   作詞:松宮恭子
   作曲・編曲:田中公平
   歌:日髙のり子、中川翔子

M11:創聖のアクエリオン(創聖のアクエリオン OP)
   創聖のアクエリオン(05/04/27)より

   作詞:岩里祐穂
   作曲・編曲:菅野よう子
   歌:岩男潤子、平野綾

M12:桜
   桜(05/11/02)より

   作詞・作曲・編曲:コブクロ
   歌:井上和彦、内田直哉、堀内賢雄

M13:コンディション・グリーン~緊急発進~
   (機動警察パトレイバー OP2)
   コンディション・グリーン〜緊急発進〜(90/08/21)より

   作詞:谷口俊
   作曲:TSUKASA
   編曲:根岸貴幸
   歌:笠原弘子

M14:必ず景色は変わる
   必ず景色は変わる(18/02/28)より

   作詞:黒田崇矢
   作曲:栗田SEITALOW
   編曲:高津戸勇紀
   歌:黒田崇矢

M15:ゲキテイ(檄!帝国華撃団)(サクラ大戦 OP)
   ゲキテイ(檄!帝国華撃団)(00/04/19)より

   作詞:広井王子
   作曲:田中公平
   編曲:根岸貴幸
   歌:横山智佐
   ダンサー:日髙のり子、井上喜久子

M16:戦闘男児~鍛えよ勝つために~
   (機動武闘伝Gガンダム キャラソン)
   機動武闘伝Gガンダム FIGHT-ROUND 3(94/11/23)より

   作詞:前田耕一郎
   作曲:前田克樹
   編曲:岸村正実
   歌:関智一
   台詞:秋元羊介

M17:Maybe the next waltz(ボールルームへようこそ ED1)
   Maybe the next waltz(17/08/09)より

   作詞・作曲:Q-MHz
   編曲:Q-MHz、伊藤翼
   歌:小松未可子

M18:Day you laugh(デュラララ!!×2 転 OP)
   Day you laugh(15/08/12)より

   作詞・作曲:T.Toyonaga
   編曲:家原正樹
   歌:豊永利行

M19:空色デイズ(天元突破グレンラガン OP)
   空色デイズ(07/06/27)より

   作詞:meg rock
   作曲・編曲:齋藤真也
   歌:中川翔子

M20:ああ電子戦隊デンジマン(電子戦隊デンジマン OP)
   電子戦隊デンジマン テーマ音楽集(80/08/25)より

   作詞:小池一夫
   作曲・編曲:渡辺宙明
   歌:内田直哉
   ギター:飯島肇
   ベース:勝杏里

M21:ハート ないしょ/2(らんま1/2 キャラソン)
   らんま1/2 音楽道場(92/10/21)より

   作詞:小池一夫
   作曲・編曲:渡辺宙明
   歌:日髙のり子
   コーラス:井上喜久子、井上ほの花

M22:誰がために(サイボーグ009 OP)
   誰がために(79/03/01)より

   作詞:石森章太郎
   作曲:平尾昌晃
   編曲:すぎやまこういち
   歌:井上和彦

M23:GO!!!(NARUTO -ナルト- OP4)
   GO!!!(04/04/28)より

   作詞:KOHSHI
   作曲:TAKE
   編曲:FLOW & Seiji Kameda
   歌:出演者全員



 開演すると、杉田智和さんがナレーションを担当したオープニングムービーが。これが流れた途端に笑いが起こるという。たった一声だけで場の空気を変えてしまうとは凄いものです。声優がアーティスト活動を行ってきた歴史を軽く振り返る内容のムービーが流れた後に、発起人の中田さん、続いて、司会を務める諏訪部順一さん、植田佳奈さん。そして、紅組・白組の出演者が登場しました。(小松未可子さんは未登場、駆け付けでの出演でした)

 セットリストに各種情報を加えてまとめてみましたが、幅広い層の出演者で、CDまたはLPの発売日を見ていただければ分かる通り、年代はバラバラです。全ての曲についてフォローできる方は観客の中でもごく少数だったかと思いますが、声優さんが歌ってきたキャラソン、アニソン(特ソン)等々、声優さんが歌ってきた曲の歴史を感じられるライブイベントとなりました。

 このイベントの模様はテレビで放送される予定ですし、普通に内容を振り返るのもあれなので、曲のジャンル別に語っていくとしましょう。


こんなにキャラクターソングが歌われるとは

  声優さんが役を演じながら歌うキャラクターソング。平川大輔さんが、竜ヶ崎怜として『水中飛行論における多角的アプローチ』を披露。この曲自体は聞いたことがなかったのですが、アニメの『Free!』は観ていましたので、平川さんの熱演から、あのキャラの曲かと聞きながら理解することができました。そういった意味では、キャラの個性が表現されている正統派キャラソンと言えます。キャラソンは、そのコンテンツのイベントでもない限り、なかなか披露されることはありません。それなのにも拘わらず、関智一さんの『戦闘男児~鍛えよ勝つために~』。日髙のり子さんの『ハート ないしょ/2(ハートニブンノナイショ)』。この様な機会でもなければ、もう生で聴くことはできなかったんじゃないかという曲まで聴けてしまいました。しかも、関さんの時には東方不敗役の秋元羊介さんがコスプレしての登場。セリから上がってきて、熱いセリフを言ってくれたと思ったら、すぐにセリが下がってしまうという、シュールかつ豪華すぎる使い方。本放送時から25年も経って、ドモンと師匠の掛け合いが見られるなんて夢のよう。日髙さんは日髙さんで、井上親子と一緒に登場。コールアンドレスポンスが特徴的な『ハート ないしょ/2』でレスポンスを担当する親子。こちらも豪華すぎる。二世代でこの曲が披露されるとは、想像すらしていませんでした。

 最近のキャラソンの主流は、キャラが劇中で歌う曲。平野綾さんが歌われた、涼宮ハルヒの『God knows...』がそれにあたり、その後の『けいおん!』や、『アイドルマスター』や『ラブライブ』等のアイドルものも含まれます。キャラの自己紹介曲から、キャラが歌う曲へと移り変わっていきました。その結果、キャラの人気と、そのキャラを演じる声優の人気が掛け合わさり、大きな会場でのライブイベントが数多く開催されることに。昔であれば、歌については歌手の方が担当する流れがありましたが、現在では演技も歌も要求されるので、声優はマルチな才能が求められる職業となってきた訳です。


声優さんの様々な作品への関わり方

 冨永みーなさん、笠原弘子さん、坂本真綾さん。こまどりグループの流れ。もちろん声優としても活躍されていますが、昔からアーティスト気質が強かった面々。笠原弘子さんは、機動警察パトレイバーのオープニング曲『コンディション・グリーン~緊急発進~』を披露されました。着物姿で丸眼鏡。紅白歌合戦らしい、和な装いもなかなか良いものでした。パトレイバーには声優としては参加されおらず、歌手としての参加。ロミオの青い空の『空へ』でもそうでした。今回の出演者の中では、小松未可子さんも歌手として作品に参加する形。アーティストとしての起用が昔では少し不思議に感じられましたが、今では不思議なものではなくなってきました。

 声優さんといっても作品の関わり方は様々で、声優さんではないけども、声優さんの仕事もされる方もいて、それが今回の出演者の中では中川翔子さんになります。声優さんではないのに声優紅白に出演?との声も挙がっていたようですが、声優の仕事をされる様々な関わり方がある中、本職の声優さんにも負けないくらい、様々な役柄を演じられているのですから、声優のアーティスト活動の歴史を振り返る中では、面白い存在であるのは確かだと思います。彼女自身、昔の作品にも精通されているので、今回のような世代を超えた作品の曲が披露される場には、必要不可欠な存在だったのでは。(デンジマンにテンションアップ)


歌い継がれる名曲

 武内駿輔さんが『銀河鉄道999』という、アニソンとしては昔からの王道なものではあるものの、意外な選曲。とはいえ、あの低音ボイスですから、声がハマっていました。若い世代が昔の曲を歌い継いでいくというのも良いことです。歌い継ぐと言えば、内田直哉さんの『ああ電子戦隊デンジマン』、井上和彦さんの『誰がために』。オリジナル歌手である成田賢さんは既にお亡くなりになりましたが、それぞれの作品の出演者であるお2人から、歌い継いでいきたいとの声が聞けたこと、これにはうれしいお言葉が聞けたなとしみじみ感じました。作品の出演者というのはかなりの強みで、別の歌手が歌われても、なんだか違うなと思ってしまうものが、それが出演者となると、歌声に説得力が溢れてくるのが、アニソンならではの面白さ。かつて、井上さんの『誰がために』については聴いたことがあったのですが、当時と違って渋みを増した歌声が聴けるのかと思いきや、今も変わらずの若々しい歌声でビックリさせられました。


声優アーティストの歴史を体感できる珍しいイベント

 出演者の世代がバラバラであったので、どういったイベントになるのか想像がつかなかったのですが、紅白歌合戦という番組フォーマットを取り入れつつも、声優アーティストの歴史を体感できる、なかなか珍しいタイプのイベントでした。ただ、選曲的に、かなり年季の入ったアニメファンでないと、満喫できたかどうかは難しいところ。2世代に渡ってのアニメファンが、ご家族で楽しむには良かったのかもしれません。実際、客層は年齢層高めだったような。それにしても、若手からベテランまでの声優さんの歌唱を楽しめるのですから、滅多にない機会ではありました。大塚明夫さんと黒田崇矢さんが歌われた『チャンピオン』でのふざけて戦っている姿、自分には歴戦の戦士の闘いにしか見えませんでした。今回だけでなく、次回もあるそうなので、次はどういった方々が出演されるのか楽しみです。

【ネタバレ・感想】彼女の多面性が垣間見えた『LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘』

タイトル:LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘
制作会社:トムス・エンタテインメント
監督・デザイン・作画監督:小池健
脚本:高橋悠也 音楽:ジェイムス下地
キャスト:ルパン三世/栗田貫一、峰不二子/沢城みゆき、他
配給:ショウゲート 公開日:2019年5月31日 上映時間:56分

LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘 限定版 [Blu-ray]

LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘 限定版 [Blu-ray]

 

不二子(声:沢城みゆき)は、心臓に病を抱える少年ジーン(声:半場友恵)とともに逃げていた。ジーンの父・ランディは、ジーンの心臓の手術費と逃亡資金を手に入れるため、ゴドフリー・マイニングから5億ドルを横領したのだ。だが、殺し屋ビンカム(声:宮野真守)に追い詰められて自爆したため、5億ドルの在処を知る人間は、今やジーンただ独り。不二子とジーンを追い詰めてゆくビンカム。呪いの力で人の心を操るビンカムから一度は逃げ延びながらも、結局拘束されてしまう不二子とジーン。ビンカムの鋭利な爪が今、不二子に襲い掛かる……!

MovieWalker

 



 前作から2年以上の月日が経過。間にTVシリーズのパート5が放送されていましたので、かなり間が空きました。その影響なのか、原作寄りだった絵柄が、アニメ寄りになった気がします。それは絵柄だけでなく作風自体がそうなったと言えるかもしれません。
 

これまでと違って若干マイルドな作りに
 これまでのシリーズは、ダーティーなイメージが強かったですが、今作は子供が絡んでくる話になっているので、その影響もあってか、これまでと違って若干マイルドな作りに。前情報で確認していた敵キャラクター、ビンカムについては、とても不気味な印象を抱いていたのですが、不二子の色気にやられてしまうという案外、俗っぽいキャラクターでした。いや、愛に飢えているという事で純粋と称するべきか。見た目は違いますが、特殊能力使いという事で、1stシリーズのパイカルを思い出しました。話を戻しますが、子供と行動を共にする不二子。こちらは、TVスペシャル『バイバイ・リバティー 危機一髪!』でのルパンを彷彿とさせました。大人と子供を組ませて、どういった反応が生まれるのか、そういった側面でストーリーを構成されたのでしょう。そこには不二子の子供嫌いな面が隠し切れず見えつつも、子供を放りっぱなしにもできない気まぐれな面(母性?)を見せるなど、彼女の多面性が垣間見えました。戦闘シーンでは、やっぱりアレを出すのだなと。とはいえ、それを売りにした作りの作品ではないので、そういうのを期待している方には、ちと物足りなかったのかも。


キャスト変更当初の背伸びした演技からの変貌
 2011年に、銭形警部、石川五ェ門、峰不二子のキャストが変更。山寺宏一さん、浪川大輔さん、沢城みゆきさん。変更された当時は、長年演じてこられた前任者のイメージが強い中で、どう演じるのか苦労していたように感じました。あの山寺さんでさえも、納谷悟郎さん演じた銭形を単に真似するだけでなく、自分のものにしようと試行錯誤があっての今ではないでしょうか。そもそも『ルパン三世』という作品が、回によって作風が異なり、キャラクターの性格もそれにより変わるという特殊な作品で、いくつかの顔を用意する必要があるというのが難しいところ。不二子に関してはそれが顕著で、ミステリアスな謎の女であったり、コメディエンヌなお金の亡者であったりと、振れ幅が大きい。そんな中、前任者である増山江威子さんが演じた不二子のニュアンスを活かしつつ演じられている様子を、この作品で堪能できるというのが、この作品の1つの売りかもしれません。変更当初の背伸びした演技からの変貌が実感できます。


殺し屋達を裏で操っているのは
 『次元大介の墓標』から始まった本シリーズ。それぞれが単品の印象があったのですが、本作になって、これまで敵として登場した殺し屋達が再登場。この殺し屋達を裏で操っているのは、やはりあの人か。次は銭形編?大きな動きがありそうです。最後の最後で、モンキーパンチ先生へのメッセージが。本編と違うところでウルっときてしまいました。