輝きが向こう側へ!

輝きが向こう側へ!

思いついたことをそのまま記事にしている何の脈略もないブログです。アニメやゲームの感想等を掲載。

【ネタバレ・感想】現代の新宿を舞台に復活『劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>』

タイトル:劇場版シティーハンター
     <新宿プライベート・アイズ>
総監督:こだま兼嗣
脚本:加藤陽一 音楽:岩崎琢
キャラクターデザイン:高橋久美子、菱沼義仁
キャスト:冴羽獠/神谷明、槇村香/伊倉一恵 他
配給:アニプレックス
公開日:2019年2月8日 上映時間:1時間35分

劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉: 公式ノベライズ (徳間文庫)

劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉: 公式ノベライズ (徳間文庫)

 

裏社会ナンバーワンの腕を持つ始末屋スイーパーの冴羽獠(神谷明)は、新宿に事務所を構え、相棒の槇村香(伊倉一恵)と様々な依頼を受けている。そこにモデルの進藤亜衣(飯豊まりえ)がやって来て、何者かに襲われたためボディーガードを依頼する。獠は美女の依頼を快諾するが、撮影スタジオで更衣室を覗いたり、もっこり全開のやりたい放題。亜衣がキャンペーンモデルを務めるIT企業の社長・御国真司(山寺宏一)は香の幼馴染で、撮影現場で久々に再会した香をデートに誘う。しかし、獠はスケベ心丸出しで、香には無関心だった。一方、海坊主(玄田哲章)と美樹(小山茉美)は、新宿に傭兵が集結するという情報を入手する。傭兵たちの狙いは亜衣だった。野上冴子(一龍斎春水)は敵の正体を探ろうとして、巨大な陰謀に直面する。来日する大物武器商人ヴィンス・イングラード(大塚芳忠)と最新兵器とは? 御国の登場ですれ違う獠と香は、亜衣と新宿を守ることができるのか?

MovieWalker



現代の新宿を舞台に復活したシティーハンター

 劇場版シティーハンターを舞台挨拶付上映(TOHOシネマズ日比谷)で観てきましたので、舞台挨拶の話を絡めながら、本編の内容についてまとめてみたいと思います。出演は、原作者である北条司さん。監督を務めたこだま兼嗣さん。冴羽獠役の神谷明さん。槇村香役の伊倉一恵さん。今回はモブキャラ役でなく御国真司役の山寺宏一さん。そして、司会進行はプロデューサーの若林豪さん。ちなみに、登壇はされませんでしたが、これまでのシリーズのプロデューサーである諏訪道彦さんが、ステージと最前列の間におられました。ベテラン声優の皆さんが揃った舞台挨拶。声量が半端ない。伊倉さんはマイクを離していたので丁度良い音量でしたが、神谷さんや山寺さんはマイクとの距離が近く、声の圧というものが凄かったでした。

 日本テレビの金曜ロードショーで放送された『シティーハンター 緊急生中継!? 凶悪犯冴羽獠の最期(1999年)』以来の新作アニメーションとのことで、約20年ぶりの復活。当時はテレビシリーズ終了後にスペシャル版として3作が製作されていたのですが、シティーハンターの続編(後にパラレルワールドと設定)にあたる漫画『エンジェル・ハート』が連載開始により、スペシャル版の製作が終了。後に『エンジェル・ハート』がアニメ・実写ドラマ化されたものの、『シティーハンター』としては本当に久しぶりとなりました。

 20年ぶりともなると製作スタッフが様変わりして、様々なものが一新され、オールドファンから総スカンされるパターンが常なのですが、本作については、主要スタッフ・キャストが続投し、新たなものを作ろうという流れからは外れ、これまでのシティーハンターを2019年の新宿を舞台に再現した作りでした。ストーリーに関してはネタバレしても何の問題ないほど、いつもながらのシティーハンターで、話の流れが読めてしまうのですが、そのお約束の数々を懐かしくも新しく楽しめることが本作の大きな魅力の1つでしょう。こだま監督の話では、演出を伝えるときに、海坊主が顔を赤らめるシーンであれば、その演出を見たことがあるので説明しなくても分かってくれると、かつての視聴者によって本作が作られたエピソードが語られました。

 実際の新宿を舞台にしていまして、JR新宿駅や歌舞伎町、バスタ新宿等々が本編に登場。バスタ新宿についてはバステ新宿という架空の名前にはなっていましたが、建物の外観はそのままバスタ新宿で、高速バスを利用する方にとっては、見たことがある風景が戦場に。あの場所でバスが爆走するシーンには爽快感がありました。こうした現実にある場所や商品名については、権利関係の調整が大変だったとプロデューサーの若林豪さんが話されていました。JRの許可をとるのは結構大変だという話を聞いたことがあるので、それが実名で登場するというのは凄いことなのではないでしょうか。


「やりたい」と「できるのか」との葛藤

  主要キャストは続投。これは『エンジェル・ハート』でもそうでした。こちらは『シティーハンター』から時を経た内容。それからまた、改めて過去に戻って役を演じるのですから大変な話です。山寺さんが、様々な作品でよく豪華声優陣というフレーズが使われることがあるけれども、神谷さんや玄田さんらが並んでいるこの作品こそ、そうだとの話が。決して他作品をディスってる訳じゃないとフォローを入れられていましたが、確かにこのキャストを今揃えることは難しく、『シティーハンター』だからこそ集まってくれたものと思います。神谷さんでさえも少し悩んだとのこと。それでもうれしさが勝って引き受けたとのことでした。どうしても、年齢を重ねると活舌が甘くなるもの。「やりたい」と「できるのか」との葛藤があったのでは。伊倉さんがボイストレーニングをしてアフレコに挑んだと話されていましたが、キャストの皆さんそれぞれが裏で努力されていたものと思います。その結果、当時のままとまでは言いませんが、違和感なく楽しめました。これは作品を純粋に楽しむ要素として、とてもとても大きい。裏での努力に感謝しきりでした。

 進藤亜衣役は飯島まりえさん。ゲスト声優として出演。声優初挑戦とのことでしたが、最初に予告で演技を聴いた時点で、演技ができる子で良かったと思ったので何の心配もありませんでした。実際に本編を観ても、特撮経験者なのでアフレコ自体は経験済みなのが演技に活かされていたように感じました。むしろ、もう1人のゲスト声優であるチュートリアルの徳井義実さんがどうなのかなと思っていたのですが、こちらも、お姉系の役を好演されていたので、声優ではない方をキャスティングする方法を毛嫌いしてしまう方でも問題なく楽しめるものと思います。

 

聴き馴染みの名曲の数々、そして新曲も

 作品を彩る音楽。これまでのTVシリーズのオープニング曲・エンディング曲・挿入歌・劇伴が随所に散りばめられているのがファンには泣かせる演出に。曲を聴いただけで、なんだか鳥肌が立ってしまうのは、ズルいズルすぎる。2019年にPYS・Sの曲が冒頭に流れる作品なんて本作しかありません。これらの曲が収録されたCDが期間限定生産で発売中。買うしか選択肢がないのが本当にズルい。映画を見たらそりゃ欲しくなるというもの。現在のところネットショップでは在庫がないようで取り寄せに。すぐさま欲しいという方は店頭でお買い求めください。

劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ> -VOCAL COLLECTION-(期間生産限定盤)

劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ> -VOCAL COLLECTION-(期間生産限定盤)

 


 今回の劇伴を担当されたのは岩崎琢さん。伊倉さんが、終盤での新曲のハマり具合について語られまして、岩崎さんが何度も何度も映像を観て合わせてくれたとのこと。どうしても、これまでの曲が注目されがちですが、新曲についても聴きどころではあるのは確かです。

 

劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ> -ORIGINAL SOUNDTRACK-(初回仕様限定盤)

劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ> -ORIGINAL SOUNDTRACK-(初回仕様限定盤)

 


 

かつての功労者の皆さんも出演

  かつてはチンピラA等々を演じていた山寺さん。この山寺さんに加え、大塚芳忠さん、茶風林さん、山崎たくみさんは功労者だと神谷さんが話されていました。ここでちょっと疑問に思ったのですが、大塚さんってそんなに出ていたかなと。そこで、シティーハンター1作目から映画、スペシャルを含めた全145話でモブキャラを数多く演じた声優さんの出演回数を調べてみました。

モブ役出演回数(10回以上)
81回 山寺宏一
55回 茶風林(島沢弘隆)
45回 林玉緒
37回 坂東尚樹(坂東耕一郎)
    梁田清之
32回 田原アルノ
28回 菅原正志
    島香裕
18回 神代智恵
14回 山崎たくみ
13回 梅津秀行
11回 杉本沙織(鈴木砂織)
10回 真山亜子(水原リン)

 山寺さんがダントツ1位の出演回数81回。(スペシャル版での本役2回含む)シティーハンター2まででかなりの割合で出演されていて、3からは山寺さんに代わって山崎さんが出演。3の頃には既に売れっ子になっていたのでしょうね。こだま監督が、最初の頃の山寺さんは家の鍵がレトロ風だったのがどんどん奇麗なカギになっていったと、山寺さんも忘れていた昔話をされましたが、売れていった過程を表すエピソードでした。2位は茶風林さん。各シリーズ満遍なく出演されていて、まさしく功労者。3位は林玉緒さん。クレヨンしんちゃんのネネちゃん役の方と言えば伝わるかと。ちなみに大塚さんは8回でした。自分の記憶は正しかった。


バランスを崩さない絶妙な塩梅の客演

 キャッツアイの客演。『シティーハンター』としての作品のバランスを崩すことのない絶妙な塩梅の客演となりました。残念ながら泪役の藤田淑子さんが亡くなられ、瞳役の戸田恵子さんが代役することに。無理に真似ることなく泪を演じられていまして、あくまで代役に徹しられていたと感じられました。代役については愛役の坂本千夏さん共々名乗り出られたとのこと。これは姉妹役を演じた役者として、他の役者には泪を演じられたくはないという強い意志も感じられました。演じるのは藤田さんしかいないと。

 

待たせたな。俺を呼んだのは君たちだろ?

 実際の新宿を舞台に、いつもながらのシティーハンターが2019年に繰り広げられる。それが涙が出るくらいに嬉しいというのが率直な感想でした。エンドロールの右上の小窓に映る、リョウと香の名場面シーンの数々。TVシリーズからいくつかの話数を抜粋して、新たに書き起こされたアニメーションです。これは是非、BDの特典としてフルスクリーンで観てみたい。そして、曲が『GET WILD』から『STILL LOVE HER(失われた風景)』に移り変わっての、シティーハンター2のエンディングの再現。この曲がシティーハンターの中で一番好きなので、最後の最後まで泣かせてくれる作品でありました。

 舞台挨拶が終わり、登壇されていた皆さんが去っていく中、歩きながら発せられた「待たせたな。俺を呼んだのは君たちだろ?」の冴羽獠の声。この声を現実で、目の前で聞いてしまったのですから、幸せ者です。

f:id:huurai0:20190211231547j:plain
 JR新宿駅中央東口にて。


 

おまけ(MX4D版の感想)

 3月1日から4D版(4DX/MX4D)が上映されるとの事でしたので、MX4D版を観てきました。冒頭のカーチェイスでは椅子が揺れに揺れ、銃撃戦はエアーで表現。発砲すると「シュッ!!」という感じですから、空砲の様に感じられるのは、ちと迫力不足だったかも。激しいシーン以外では、獠が女子更衣室を見つけたシーンでフローラルな香りが。まさかそこで匂い演出を使ってくるとは思ってもいませんでした。1回目にじっくり観させていただいたので、2回目として4D版で違った楽しみ方で観てみるというのも、悪くはないのではないでしょうか。2度目の鑑賞でしたが、またもやエンディングでは泣きそうに。台詞は流れないのだけれども、「報酬は既に受け取ってある。俺の胸に刻まれたお前との日々だ…。」「いいさ、撃てよ。おまえが元に戻らないのなら、生きていてもしょうがない…。」と、勝手に台詞が思い起こされて、勝手に泣きそうになるという。

 本作が公表の様子で、さらにはフランスの実写版も大ヒットとの事。今になってこの勢いとは、今後の展開が期待できそうです。