輝きが向こう側へ!

輝きが向こう側へ!

思いついたことをそのまま記事にしている何の脈略もないブログです。アニメやゲームの感想等を掲載。

アニラジの歴史を振り返ってみた(アナログ編:1979-2018 298番組)

 アニメ・ゲーム関連の情報を取り扱うラジオ番組や、声優さんが担当されているラジオ番組を総称してアニラジ(アニメラジオの略称)と呼ばれていますが、その歴史を振り返ってみようと思います。今回はアナログ編です。

 まずは、これまでどういった番組が放送されてきたのか、放送開始日が古い順から番組タイトルを列挙していこうと考えてみたのですが、さすがにこれまで放送されてきた全番組を掲載しようにも数が多く、1つの記事として収まりませんので、“2年以上続いた番組”“インターネットラジオは除く”という2つの条件で抽出してみました。


アニラジ年表 アナログ編(青字は現在放送中の番組)


<1979年10月>
7年 アニメトピア(ラジオ大阪)
[初代:麻上洋子、吉田理保子 ⇒ 終代:冨永みーな、川村万梨阿]

<1981年 4月>
3年 週刊ラジオアニメック→ラジオアニメック・決定!アニメ最前線(東海ラジオ)
[肝付兼太、岡本りん子、秋山るな ⇒ はた金次郎、小山茉美]

<1982年10月>
28年 アニメでGo!Go!(南日本放送)
[采野吉洋]

<1982年11月>
4年 アニメワールド・スターチャイルドステーション(栃木放送)
[端月雅子]

<1983年 4月>
2年 日本全国ヤロメロどん!(ラジオたんぱ)
[小森まなみ 水島裕・中尾隆聖 大橋照子他]

<1984年 3月>
3年 ペアペアアニメージュ(ラジオ日本→文化放送)
[山形ユキオ、島津冴子 水島裕、吉田理保子他]

<1984年 4月>
17年 アニメマインド(OBS大分放送)
[松井督治→平野賢]

<1984年10月>
25年 mamiのRADIかるコミュニケーション(東海ラジオ)
[小森まなみ、ミンキー・ヤス]

<1985年 4月>
2年 はしゃいで○○大放送(ラジオたんぱ)
[三ツ矢雄二 冨永みーな 水島裕 嶋方淳子 小森まなみ他]

<1986年 4月>
3年 アニメ玉手箱(ラジオ関西)
[岩崎和夫、吉田秀子]

<1986年 7月>
2年 週刊FMアニメストリート(FM横浜)
[中尾隆聖]

<1986年10月>
32年 ウキウキ放送局(エフエム山口)
[水谷寛]
2年 ポップス・アニメ情報局→アニメ情報局ラジオマガジン→やってやるぜ情報局(東海ラジオ)[矢尾一樹、佐和里美→ミンキー・ヤス、横山智佐→佐藤優子→宮里久美]

<1989年 4月>
29年 青春ラジメニア(ラジオ関西)
[岩崎和夫、吉田秀子→南かおり]  
5年 はいぱぁナイト月曜日(KBS京都)[冨永みーな]

<1989年10月>
14年 はいぱぁナイト金曜日→ハイヤングKYOTO→日高のり子のTokyo Wonder Jam うり!うり!うりほぅ!→日高のり子のHAPPY@(KBS京都)
[日高のり子]

<1990年10月>
19年 水谷優子のアニメ探偵団→水谷優子のアニメ探偵団II(高知放送)
[水谷優子]
7年 かおりのHello!アニポップ(東海ラジオ)[本間かおり(普天間かおり)、ミンキー・ヤス]

<1991年 4月>
27年 ノン子とのび太のアニメスクランブル(文化放送→超!A&G+)
[日高のり子、長谷川のび太]
24年 林原めぐみのHeartful Station(ラジオ日本→ラジオ関西)[林原めぐみ、大月俊倫→あみやまさはる→保志総一朗]

<1991年 6月>
3年 熱血電波倶楽部(ラジオ関西)

<1991年 8月>
27年 チャラのOH!マイ・アニメ(栃木放送)[高瀬美子]


<1991年10月>
2年 古田新太のVジャンプ海賊ステーション(ニッポン放送)
[古田新太、犬山イヌ子]
2年 魔神英雄伝ワタル3→魔神英雄伝ワタル3 虎王物語→魔神英雄伝ワタル4(文化放送)[田中真弓、伊倉一寿]

<1992年 4月>
26年 林原めぐみのTokyo Boogie Night(TBSラジオ)
[林原めぐみ]
6年 アニメキングダム→アニキンFREEDOM(東海ラジオ)[山口勝平、岡本麻弥、大沼弘幸、J(三木眞一郎)] 
3年 流星野郎のゲーム業界裏情報(ラジオ関西)[流星野郎(相原誠吾)、結城鈴子→三石琴乃]

<1992年 8月>
22年 TV Game Radions(ラジオ大阪)→TV Game Radions R→TV Game Radions Air→TV Game Radions Air Special Go! Go!→TV Game Radions V3(東海ラジオ)
[内藤寛、國府田マリ子 ⇒ 内藤寛、豊嶋真千子、高橋直純]

<1993年10月>
11年 國府田マリ子のGAME MUSEUM→國府田マリ子のGM(ラジオ大阪)
[國府田マリ子]
5年 工藤洋史のピコピコパスカル(大分放送)[工藤洋史]
5年 佐竹雅昭の覇王塾→佐竹雅昭の覇王塾F→佐竹・林原の無法塾(文化放送)[佐竹雅昭、林原めぐみ]
2年 ツインビーPARADISE→ツインビーPARADISE2→ツインビーPARADISE3(文化放送)[國府田マリ子]
2年 草尾毅のT-Kids Party→草尾毅のT-Kids Party R(東海ラジオ)[草尾毅、稲垣玲伊子]

<1994年 1月>
3年 山寺宏一のGAP SYSTEM(東海ラジオ)
[バズーカ山寺、ラスプーチン矢野、柳原みわ]
3年 ピクチャーランドCLUB→ピクチャーランドCLUB II(ラジオ関西)[金丸淳一 ⇒ 金丸淳一、丹下桜]

<1994年 4月>
24年 痛快!アニメジオ(和歌山放送)
[北尾博伸、中川智美、民木☆唯]
22年 あかほりさとる劇場 爆れつハンター→ポリケロののわぁんちゃってSAY YOU!(文化放送)→ポリケロかしまし→ポリケロいろいろ→ポリケロこんじゃく→一生ポリケロ(ラジオ大阪)[あかほりさとる、水谷優子] 
2年 アニマガパラディ→SUPERアニマガパラディ→アニマガパラディ ドラマワールド(文化放送)[緑川光→松本保典、永島由子→氷上恭子]

<1994年10月>
20年 電撃大賞(文化放送)
[初代:三石琴乃 → 終代:花江夏樹、谷澤恵里香]
16年 小森まなみのPop'n!パジャマ(東北放送)[小森まなみ]
12年 広井王子のマルチ天国→広井王子のマルチ天丼→広井王子のマル天チャチャチャ!→広井王子のマル天ミックス!(文化放送)[広井王子、横山智佐、千葉繁→山口勝平、豊口めぐみ]
4年 山野さと子スマイリングパラダイス(ラジオ関西)[山野さと子、石田燿子、瀧本瞳]

<1995年 4月>
10年 VIRTUAL ADVENTURE→VIRTUAL ADVENTURE EAST/WEST→VIRTUAL ADVENTURE 2(NACK5)
[石田彰、三重野瞳 ⇒ 三重野瞳]
7年 SOMETHING DREAMS マルチメディアカウントダウン(文化放送)[冨永みーな、椎名へきる ⇒ 田村ゆかり、堀江由衣]
4年 久川綾のSHINY NIGHT(文化放送)[久川綾]
2年 アニメExpress ギャラクシー・ネットワーク(TBSラジオ)[桜井智、向井政生]
2年 もっと!ときめきメモリアル→CLUBときめきメモリアル(文化放送)[丹下桜]

<1995年 7月>
2年 の~みそこねこねラジオコンパイル(ラジオ日本)
[三石琴乃、仁井谷正充、田中勝己 ⇒ 北出マン、柳瀬なつみ]

<1995年10月>
4年 秘密の天地無用!→愛と由美のあぁぁ新天地!(文化放送)
[折笠愛、高田由美、水野愛日、ズッキーニ飯塚]
4年 着せ替えラジオアニメプリンセス→鈴木真仁のプリンセス倶楽部(文化放送)[鈴木真仁、松野太紀 ⇒ 鈴木真仁]
4年 マダラプロジェクトアワー(TBSラジオ)→夢さめ戦隊S-nery(ラジオ関西)→夢さめ学園イイナ向上委員会(TBSラジオ)→夢さめ戦隊 また、西へ→~夢さめ戦隊 まだ、西へ~『秘密結社くらげ会』→アリスの憂鬱→ヴァニラのひみつ→ウィッシュテイル→サブカルチャー倶楽部→サブカルチャー倶楽部2→サブカルチャー倶楽部3(ラジオ関西)[大塚英志、桑島法子、前田このみ、桂川千絵 ⇒ 大塚英志、大塚ギチ、菊地由美]
3年 椎名へきるのすっぴんすまいる。(TBSラジオ)[椎名へきる]
3年 折笠愛のムーンライトカフェ(KBS京都)[折笠愛]

<1996年 1月>
4年 電脳戦隊ヴギィ'ズ★エンジェル(ラジオ日本)→電脳戦隊ヴギィ'ズ★エンジェルSR→電脳戦隊ヴギィ'ズ★エンジェルSR  菊池志穂のSUPER RADIO→電脳戦隊ヴギィ'ズ★エンジェル 天使になりたい!!→電脳戦隊ヴギィ'ズ★エンジェルV→電脳倶楽部FF!!→電脳倶楽部ダッシュ!(ラジオ関西)
[三石琴乃、ショッカーO野 ⇒ スマイルキッチン]

<1996年 4月>
22年 祥子のチョットCHAT・CHAT(栃木放送)
[菅原祥子]
4年 声優専科→声優専科Z→真・声優専科(ラジオたんぱ)[雪野五月→谷山紀章]
2年 MAMI☆OMO Radio Caravan(ラジオ大阪)[小森まなみ、西村朋紘、高橋直純]
2年 緒方恵美の銀河にほえろ!(文化放送)[緒方恵美]
2年 岩男潤子の少コミナイト(文化放送)[岩男潤子]

<1996年 9月>
5年 三石琴乃のエーベルージュ伝説→三石琴乃◎エーベルナイツ→三石琴乃◎エーベルナイツII(文化放送)
[三石琴乃、渡辺まほろ→豊口めぐみ→小林晃子]

<1996年10月>
19年 サンライズラヂオ→サンライズラヂオ ターボ→サンライズラヂオG→サンライズラヂオEX。→サンライズラヂオBREEZE(HBCラジオ)
[宮島依里→多田葵→かかずゆみ→美郷あき→あべわき]
5年 子安・氷上のゲムドラナイト→子安・氷上のゲムドラナイトA(TBSラジオ)[子安武人、氷上恭子 ⇒ 子安武人、氷上恭子、麻績村まゆこ]
4年 宮村優子の直球で行こう!(ラジオ大阪)[宮村優子、岩田光央、愛河里花子]
4年 瞳と光央の爆発ラジオ(ラジオ日本)[三重野瞳、岩田光央]
3年 スーパーアニメガヒットTOP10→スーパーアニガメシアター→アニガメパラダイス(ニッポン放送)[岩男潤子、荘口彰久、松澤由実 ⇒ 岩男潤子、荘口彰久 ⇒ 荘口彰久]
2年 アルシェ通り3番地→平松・三重野のミラクル山脈→II(文化放送)[平松晶子、三重野瞳]
2年 同級生恋愛専科(文化放送)[ショッカーO野、こおろぎさとみ]
2年 波乗り!アニメジャーナル→アニメエクスタシー ~波乗り!妄想系~(ラジオ大阪)[桑島法子→仙台エリ、會川昇、小林治]

<1997年 4月>
14年 VOICE CREW(FM NACK5)
[初代:浅川悠、中原新 ⇒ 終代:長谷川明子、田村睦心]
5年 古本新之輔ちゃぱらすかWOO!(文化放送)[古本新之輔]
3年 アニメトピアR(ラジオ大阪)[樋口智恵子、三橋加奈子→坂本真綾]

2年 流星野郎のGAMEMAX!(ラジオ関西)[流星野郎(相原誠吾)、結城鈴子→河野真穂]
2年 中川亜紀子LUCKY FARM(東海ラジオ)[中川亜紀子]

<1997年 6月>
5年 CLUB db(文化放送)
[桑島法子]

<1997年10月>
10年 川上とも子のメサCANネットワーク→川上とも子のうさぎのみみたぶ(ラジオ関西)
[川上とも子]
8年 菅原祥子のももんがTIME→菅原祥子のももんがTIME”(KBS京都)[菅原祥子 ⇒ 菅原祥子、松本さち]
6年 超機動放送アニゲマスター(文化放送)[おたっきぃ佐々木、菊池志穂、池澤春菜 ⇒ おたっきぃ佐々木、豊口めぐみ、榎本温子→山本麻里安]
3年 犬山犬子のポケモンアワー(ニッポン放送)[犬山犬子、プロフェッサー吉川]
3年 飯塚雅弓のまだまだ日曜日だよ!→飯塚雅弓のいたいのとんでけ!(文化放送)[飯塚雅弓]
3年 氷上恭子と丹下桜のドラゴン探偵局→丹下・氷上のトラブルチョコレート→氷上・丹下のトラチョコチャット→氷上恭子のトラチョコチャット2(JFN)[氷上恭子、丹下桜 ⇒ 氷上恭子]
2年 吉田古奈美のオワラナイト!(ラジオたんぱ)[吉田古奈美、岩居由希子]
2年 ねおちゅぴ(ラジオ大阪)[生駒治美、神谷けいこ]

<1997年12月>
2年 青春!!タコ少女(東海ラジオ)
[山咲トオル、くまいもとこ、菊池志穂]

<1998年 4月>
3年 週刊アニメグランプリ(JFN)
[冨永みーな、松野太紀→プリプリ隊→田中真弓]
2年 カーニバルだよ、ちはる組(東海ラジオ)[手塚ちはる、平田宏美→釘宮理恵]

<1998年10月>
20年 アニメ関門文化学園(COME ON! FM)
[にゃんき~梅教諭、ヒロ山下校長]
6年 飯塚雅弓のMEGA-TONスマイル(ラジオ大阪)[飯塚雅弓]
5年 ラジオ・アニメどんぶり(TBSラジオ)[向井政生、石垣はずき→清水香里→千葉妙子]
4年 平成アニメっ娘倶楽部(KBCラジオ)[小梅伍]
3年 豊嶋真千子Earthly Paradaise(ラジオ大阪)[豊嶋真千子]

3年 ひので街探偵事ム所→ひので街探偵事ム所108(文化放送)[ショッカーO野、こおろぎさとみ]
2年 愛河里花子の生臭さラジオ→里花子と美佳子のぐさラジ→ビクター生臭大放送 本気モードラジオ(ホモラジ)(ラジオ日本)[愛河里花子 ⇒ 愛河里花子、高橋美佳子 ⇒ 高橋美佳子、川口秀樹]

<1999年 4月>
19年 a-FANFAN(USEN)
[三重野瞳 栗林みえ 前田愛 南かおり ⇒ 現在:三重野瞳 高橋李依 水樹奈々 伊藤かな恵 ゲスト]
19年 めぐとも明のドリーム・ドリーム・パーティ→拓也・良子のドリーム・ドリーム・パーティ(文化放送)[神谷明、豊口めぐみ、葛野智子 ⇒ 現在:江口拓也、新谷良子]
15年 智一・美樹のラジオビッグバン(文化放送)[関智一、長沢美樹、BGP(アシスタント)]
9年 ルビーにくちづけ(文化放送)[関俊彦、森久保祥太郎]
7年 南央美のせんせいのお時間→南央美のヒーリングルーム(ラジオたんぱ)[南央美]
3年 三重野瞳の自力本願! 合格ラジオ(山陰放送)[三重野瞳]

<1999年 5月>
16年 土
曜の夜ですウハウハ大放送 アニメストリート→ウハウハ大放送 アニメストリート→ウハウハ大放送→ウハステーション(ラジオ日本)[結城比呂、國府田マリ子 ⇒ 塩入美雪]


<1999年10月>
8年 山本麻里安のはにわマイハウス(文化放送→BSQR)
[山本麻里安]
5年 でじこのへや→でじこのへや2→でじこさん→G.A.だにょ→にょにょらじ→でじこのうっかりパニック!(ラジオ大阪)[氷上恭子、真田アサミ、沢城みゆき]

<2000年 1月>
10年 米倉千尋のSMILE GO HAPPY(東海ラジオ)[米倉千尋]

<2000年 4月>
8月 声優王国!あんたの声が好きやねん(ラジオ大阪)
[山咲トオル、くまいもとこ ⇒ 酒巻光宏、加茂友美、西優子]
5年 HUNTER×HUNTER R(ラジオ大阪)[竹内順子、三橋加奈子]

<2000年 9月>
4年 ゆる蔵、うれしいね。→ゆる蔵、うれしいね。+ワン!(ラジオ大阪)
[愛河里花子、宮村優子 ⇒ 愛河里花子、宮村優子、福井裕佳梨]
3年 笠原弘子のおかわり自由(ラジオ関西)[笠原弘子]

<2000年10月>
6年 椎名へきる PRECIOUS GARDEN(JFN)
[椎名へきる]
3年 かほる&きみきみ HAPPY☆LESSON(KBS京都→ラジオ関西)[笹島かほる、古山きみこ]
2年 ESアワー ラジヲのおじかん(東海ラジオ)[バカボン鬼塚、有島モユ、水樹奈々]
2年 アニソン女子部(ラジオ関西)[堀江美都子、大杉久美子、Salia、井上あずみ、三重野瞳、金月真美他]
2年 関様・姫のキャラでイキましょう(ラジオ大阪)[関智一、野上ゆかな]

<2000年12月>
5年 井上喜久子のおさかなラジオ→井上喜久子のシイタケラジオ→井上喜久子のキャラメルタウン(BSQR)
[井上喜久子]
4年 まさや・ちえみの○○エモーション→まさや・かおりの○○エモーション→まさや・かおりのらぶ×2エモーション(文化放送)[小野坂昌也、千葉千恵巳 ⇒ 小野坂昌也、清水香里、櫻井孝宏]

<2001年 4月>
6年 ラジオ・パステルコレクション(TBSラジオ→ラジオ関西)
[森川智之]
4年 かないみかのぴんくドラゴン→かないみかのももいろどらごん→賢雄・みかのぶらっくどらごん→みか・もりしゃんのぴんくだよ!ぶらっくどらごん→みか・もりしゃんのGamers Amusement Station(ラジオ関西)[かないみか、斉藤K、やまけん ⇒ かないみか、堀内賢雄→森訓久]

<2001年10月>
11年 野川さくらのマシュマロ♪たいむ(ラジオ関西)
[野川さくら]
7年 島本和彦のマンガチックにいこう!(STVラジオ)[島本和彦、室田智美→渋谷愛奈美→宮田愛子→渋谷愛奈美→奈良愛美]
3年 OHA-OHA NIGHT(ニッポン放送)[山寺宏一、ベッキー]
3年 倉田ねじまき堂(BSQR)[倉田雅世]
2年 シスター・プリンセス~お兄ちゃんといっしょ→電撃G's Radio(文化放送)[桑谷夏子、望月久代]
2年 豊嶋真千子・岩田光央 アスパラFUN!!(ラジオ大阪)[豊嶋真千子、岩田光央]
2年 ドン舞Club(ラジオ関西)[ドン・マッコウ、門脇舞、森訓久]

<2002年 4月>
16年 水樹奈々 スマイル・ギャング(文化放送)
[水樹奈々、福圓美里]
16年 ビタミンM(bayfm)[坂本真綾]
16年 王様ラジオキッズ(ラジオ関西)[木村三恵]
13年 RADIOアニメロミックス(文化放送)[初代:矢尾一樹、鮫島巧 ⇒ 終代:南條愛乃、楠田亜衣奈]

5年 祥太郎、麻衣・CURE HOUSE(FM-FUJI)[森久保祥太郎、中原麻衣]
4年 ミエノにプリンパン!→2(岩手放送→岐阜放送)[三重野瞳]
3年 ぴたぴたエンジェル♪→ぴたぴたエンジェル♪A→G.A.だにょ→エンジェルLOVE(ラジオ大阪)[田村ゆかり、新谷良子 ⇒ 田村ゆかり、新谷良子、真田アサミ→後藤沙緒里]
2年 円盤皇女ワるきゅーレ モッチー・ちなちなのラジオワるQ(ラジオ大阪)[西村ちなみ、望月久代]
2年 三重野瞳の食う寝るしゃべる!(ラジオたんぱ)[三重野瞳]

<2002年10月>
16年 こむちゃっとカウントダウン(文化放送)
[櫻井孝宏、植田佳奈→小清水亜美→井口裕香]
16年 堀江由衣の天使のたまご(文化放送)[堀江由衣]
13年 (有)櫻井工房→(有)チェリーベル(文化放送→超A&G)[櫻井孝宏、松来未祐、藁谷麻美→鈴村健一]

4年 東京キャラクターショーRADIO→有楽町アニメタウン(ニッポン放送)[吉田尚記、田中理恵]
2年 井上喜久子のキャラメルハイツ(文化放送)[井上喜久子]
2年 ラジオアベノ橋魔法☆商店街(ラジオ大阪)
[サエキトモ、松岡由貴、のーてんき武田、ゆんぴょう]

<2003年 4月>
15年 岩田光央・鈴村健一 スウィートイグニッション(ラジオ大阪)
[岩田光央、鈴村健一]
15年 テニスの王子様 オン・ザ・レイディオ→新テニスの王子様 オン・ザ・レイディオ(文化放送)[マンスリーパーソナリティ]
12年 田村ゆかりのいたずら黒うさぎ(文化放送)[田村ゆかり]

<2003年 6月>
5年 集英学園乙女研究部→集英学園乙女研究部(  )(文化放送)
[諏訪部順一、高橋広樹、藁谷麻美→加藤英美里 ⇒ 諏訪部順一、鈴木達央]

<2003年 7月>
3年 純子と涼のアシタヘストライク!→純子と涼のアシタヘストライク!F(文化放送)
[皆川純子、広橋涼]

<2003年10月>
7年 オー!NARUTOニッポン→NARUTO Radio 疾風迅雷(ラジオ大阪)
[竹内順子、マンスリーパーソナリティ]
2年 アニプレックスアワー ハガレン放送局(ラジオ大阪)[朴王路美、釘宮理恵]
2年 徳永愛のほわほわあいらんど(ラジオ関西→アニスタ.TV)[徳永愛]
2年 Radio ZERO-SUM(文化放送)[高橋広樹 ⇒ 高橋広樹、鈴村健一]

<2004年 3月>
6年 白石涼子のシカイ良好☆ふんたららん→聞かなきゃ☆そん♪Song!(文化放送)
[白石涼子]
2年 仁美と有佳のどらごんデンタルクリニック♥(文化放送)[生天目仁美、猪口有佳]

<2004年 4月>
14年 高橋直純Trouble Maker(FM NACK5)→高橋直純のトラ×ブルメーカー(東北放送)
[高橋直純 ⇒ 高橋直純、鈴木達央→HILUMA ⇒ 高橋直純]
11年 A&G 超RADIO SHOW~アニスパ!~(文化放送)[鷲崎健、浅野真澄]          
6年 アキバチック天国(栃木放送)[bamboo、YURIA、遠藤正明 ⇒ 鹿野優以、のみこ]
2年 アミューズステーション(ラジオ関西)[中島沙樹、稲村優奈]

<2004年 7月>
14年 KOTOKOノコト(エフエム北海道)
[KOTOKO]

<2004年 9月>
3年 PONY CANYON STYLE まるなび!?(文化放送)
[川澄綾子、能登麻美子]

<2004年10月>
14年 angelaのsparking!talking!show!(東海ラジオ)
[angela]
4年 スウィートジャンクション(ラジオ大阪)[森久保祥太郎、杉田智和、森田成一]
2年 奥井雅美 O-Live(ラジオ関西)[奥井雅美]

<2005年 1月>
4年 BE YOURSELF(文化放送)
[高橋広樹]

<2005年 4月>
10年 野中藍 ラリルれ、にちようび。→野中藍 ラリルれ、サタデーナイト。(ラジオ関西)
[野中藍]
6年 ポケ声ファイト!→JOY SOUNDファイト!(文化放送)[朴王路美、森久保祥太郎→宮野真守]          
5年 BLEACH “B” STATION(ラジオ大阪)[森田成一、マンスリーパーソナリティ]
3年 サイキックラバーのアニカンRADIO(ラジオ関西)[サイキックラバー、近江知永→酒井香奈子→黒岩奈奈→阿部玲子]

<2005年10月>
13年 りょうとりゆのパケディオ・チャンネル→堀川りょうのパケディオ・アニラジチャンネル→堀川りょうと市川洋介のパケディオ・アニラジチャンネル→堀川りょうの声優への道→ラジオ雨色ココア→ラジオあめこん!!(ラジオ日本)[堀川りょう、小坂りゆ→市川洋介 ⇒ 堀川りょう]

3年 週刊!アニたま金曜日→週刊!アニたま日曜日→週刊!アニたま土曜日→週刊!アニたま水曜日(ラジオ関西)[やまけん、鳥海浩輔、又吉愛]
3年 ミエノのタタキ!ヒトミ添え→ミエノのタタキ!ヒトミ添えおかわり→ミエノのタタキ!ヒトミ添えおかわり(ラジオ大阪)[三重野瞳]

<2006年 1月>
12年 青山二丁目劇場(文化放送)
[藤田淑子→古川登志夫]

<2006年 4月>
12年 IWANAMI 浪川大輔のガンミスタジオ→浪川大輔のしょうがないじゃん(USEN)[浪川大輔]
12年 ミューコミ→ミューコミ+(ニッポン放送)
[吉田尚記]
9年 集まれ昌鹿野編集部(ラジオ関西)[小野坂昌也、鹿野優以]
4年 東京アニメセンターRADIO→東京アニメセンターRADIOw(文化放送)[宮田幸季、加藤英美里→米澤円 ⇒ 柿原徹矢、松来未祐 ⇒ 羽多野渉、成田紗矢香]

3年 THE IDOLM@STER RADIO(ラジオ大阪)[たかはし智秋、今井麻美]
2年 ケロロとギロロの地球侵略ラヂオ(ラジオ大阪)[渡辺久美子、中田譲治]
2年 神田朱未のBitter-Sweet Friday(SPACE DiVA)[神田朱未]
2年 富士見ティーンエイジファンクラブ(ラジオ大阪)[明坂聡美、長谷川静香、波多野桃子]

<2006年10月>
12年 椎名へきる みたいラジオ(エフエム東京)
[椎名へきる]
8年 ゆかりの今夜もゲームオーバー?(HBCラジオ)[船越ゆかり]
7年 せいやん・YURIAの 美少女ゲームは嫌い(ラジオ大阪)
[片岡せいやん、YURIA]
2年 桃井はるこの超!モモーイ(文化放送)[桃井はるこ]
2年 近江知永の「す」!(ラジオ関西)[近江知永]

<2007年 4月>
11年 神谷浩史・小野大輔のDearGirl~Stories~(文化放送)
[神谷浩史、小野大輔]
11年 工口×工口→ロンハールーム(ラジオ関西)[石川"ロング"英郎、諏訪部"ハード"順一]
4年 へきる、淳司 NATURE(FM-FUJI)[椎名へきる、間島淳司]
2年 坂本真綾 地図と手紙と恋のうた(TBSラジオ)[坂本真綾]
2年 PASH!でDASH! 月曜まで60分(ラジオ関西)[甲斐田ゆき、柿原徹也]

<2007年10月>
11年 鈴木敏夫のジブリ汗まみれ(TOKYO FM)
[鈴木敏夫]
4年 アニたまどっとコム standard まるなげ♪(ラジオ関西)[清水香里、植田佳奈]
4年 藤井孝太郎のアタックヤング(STVラジオ)[藤井孝太郎]

<2008年 1月>
3年 RADIO MACROSS→マクロスF○※△→マクロスF○×△→マクロスF○☆△→マクロスF○♪△→マクロスF○〜△→マクロスF○∞△(文化放送)
[三宅健太、中島愛 ⇒ 中村悠一、神谷浩史、中島愛]
2年 名塚佳織と吉野裕行のガンガンいこうぜ!(ラジオ大阪)[名塚佳織、吉野裕行]

<2008年 2月>
2年 ラヂオ天元突破グレンラガン(ラジオ大阪)
[柿原徹也、井上麻里奈]

<2008年 4月>
10年 THE WORKS(NACK5)[志倉千代丸→ユカフィン・ドール、桃井はるこ]
7年 神戸前向女学院。(ラジオ関西)[井上麻里奈、伊藤かな恵]
3年 妄想ポンバシ系→もえもえポンバシ系(ラジオ大阪)[惣田美香→向清太朗]

<2008年10月>
5年 夏子と千和のツンピリラヂヲ(ABCラジオ)
[桑谷夏子、斎藤千和]

<2009年 4月>
8年 おどろき戦隊 モモノキファイブ→びばりば!!(ラジオ関西)
[中村繪里子、日笠陽子 ⇒ 中村繪里子]
7年 入野自由の入野自由(USEN)[入野自由]

7年 平成ニッポン・国取り合戦ラジオ!!→名門アウトロー学園(ラジオ関西)[日野聡、立花慎之介]
5年 きかせられないラジオ(長崎放送)[林田繁和、村山仁志]

<2009年 7月>
9年 水樹奈々のMの世界(TOKYO FM)
[水樹奈々]
2年 森久保祥太郎・寺島拓篤・梶裕貴 ★★★プロデュース(ラジオ大阪)[森久保祥太郎、寺島拓篤、梶裕貴]

<2009年 1月>
4年 ラジオ トータル・イクリプス(文化放送)
[中原麻衣、生天目仁美]

<2009年 8月>
3年 THE IDOLM@STER STATION!!!(ラジオ大阪)[今井麻美→浅倉杏美、沼倉愛美、原由実]

<2009年10月>
9年 アニメ探偵団3(高知放送)
[初代:ARISA、野田麻未 ⇒ 現在:柳原可奈子、関口理咲]
6年 May'nのらじ☆たま(文化放送)[May'n]


<2009年11月>
9年 神田朱未のわたしのすきなこと。→わたしのすきなこと。2nd→もっと!わたしのすきなこと。(FM愛知)
[神田朱未→斉藤佑圭→三上枝織→野中藍→宮川美保、SKE48]

<2010年 1月>
5年 青山二丁目 太まん飯店(文化放送)
[松野太紀、豊嶋真千子→太田真一郎]

<2010年 3月>
3年 渋谷アニメランド(NHKラジオ第1)
[藤津亮太、冨田明宏]

<2010年 4月>
5年 SWITCH! MIDNIGHT(bayfm)[森久保祥太郎]
5年 a-GENERATION(文化放送)[angela]
4年 小西克幸・小川麻琴のぶんぶんシアター(文化放送)[小西克幸、小川麻琴]

4年 wai! wai! BOX☆”(FM-FUJI)[三瓶由布子、金元寿子]
2年 宮野真守のm-1ぐらんぷりっ!(東海ラジオ)[宮野真守]
2年 アニたま喫茶 三姉妹。(ラジオ関西)[神田朱未、大亀あすか、鈴木美咲]

<2010年 7月>
7年 Kalafina倶楽部(bayfm)
[Kalafina]
3年 ガイナックス電波(ラジオ大阪)[松岡由貴、サエキトモ、のーてんき武田、ゆんぴょう]

<2010年10月>
4年 VIRTUAL ADVENTURE 2(NACK5)[三重野瞳]
3年 ANI-TAMA-ZOO Safari(ラジオ関西)
[たかはし智秋、細谷佳正]

<2010年11月>
8年 Anison-R→Anison-R ~マンガ・アニメ研究部~(FM NORTH WAVE)[片岡香澄]


<2011年 2月>
7年 BERRY ANISON TIMES!(エフエム栃木)[中野知美]


<2011年 4月>
6年 スフィアのオールナイトニッポンR(ニッポン放送)
[寿美菜子、高垣彩陽、戸松遥、豊崎愛生]
5年 佐藤亜美菜の「この世に小文字はいりません!」(ラジオ日本)[佐藤亜美菜]

5年 もじゃ先輩とさくら君(ラジオ関西)[利根健太朗、佐倉綾音]
3年 立ち上がれ!僕らのヴァンガード(ラジオ大阪)[代永翼、佐藤拓也]

<2011年 7月>
5年 ゆりゆららららゆるゆり放送室(ラジオ大阪)
[三上枝織、津田美波、大久保瑠美、大坪由佳]

<2011年10月>
7年 あなたと星空の下で(FM PORT)[石田耀子]

7年 ちあきのあにまにあ→あにまにあ(北陸放送)
[西尾知亜紀→小野塚愛美→西尾知亜紀]
7年 小玉晋平のきかなきゃソンソンアニソン尊!!(四国放送)[小玉晋平]
7年 ヒャダインのわーきゃーいわれたい(文化放送)[ヒャダイン]
4年 坂本真綾 from everywhere.(JFN)[坂本真綾]

<2011年11月>
7年 もとラジ!(FMおだわら)[もとちる]

<2012年 4月>

6年 藤井孝太郎のログイン!よる☆PA(STVラジオ)[藤井孝太郎]
6年 まじポン!(ラジオ関西)[間島淳司、菅沼久義]
4年 super a-hour DIVE II you(文化放送)[加藤英美里、福原香織]
4年 あふぃ☆らじ~魔法学院特別授業(ラジオ関西)[ルイズ・スフォルツア、ユカフィン・ドール]
4年 川田まみのアタックヤング(STVラジオ)[川田まみ]

2年 Radio キタエリあっ!(ラジオ関西)[喜多村英梨]
2年 GRANRODEOのDOKI×2ラジオジャンボリー(文化放送)
[GRANRODEO]
2年 立ち上がれ!僕らのヴァンガード サンデー(ラジオ大阪)[代永翼、佐藤拓也]
2年 TOKYO No.1 カワイイラジオ(JFN)[櫻井孝昌、上坂すみれ]
2年 豊永利行・内山昂輝の週刊サウンドウィング ~音羽編集部~(文化放送)[豊永利行、内山昴輝]


<2012年 6月>
年 夜中メイクが気になったから(一時「夜中少女は荒野を目指したから」に変更)(ラジオ大阪)[たかはし智秋、愛美、上坂すみれ→千菅春香 ⇒ たかはし智秋、千菅春香]

<2012年 7月>
3年 鷲崎健の王様は退屈じゃ!(ラジオ関西)
[鷲崎健、亥野麻紀、高杉理奈、名取舞 ⇒ 鷲崎健、永弘翔子、橋本和]
2年 J-POP1422(ラジオ日本)[佐倉薫]

<2012年 8月>
6年 鷹の爪団の世界征服ラヂヲ(TOKYO FM)[鈴木あきえ、FROGMAN、沼田健、ペパ子]

<2012年10月>
6年 東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー(文化放送)[鈴村健一、神谷浩史]
6年 番組タイトル募集中(仮)※これがホントにタイトルです!→あべながの野望~他力本願の変~(TOKYO FM)→あべながのッ!(niconico)[阿部敦、代永翼]
3年 みかこしのラジこし(ラジオ関西)[小松未可子]
2年 Lip Style!!(bayfm)[StylipS]

<2013年 2月>
5年 森久保祥太郎・浪川大輔 つまみは塩だけ(ラジオ大阪)
[森久保祥太郎、浪川大輔]

<2013年 4月>
5年 碧と彩奈のラ・プチミレディオ(文化放送)[悠木碧、竹達彩奈]
5年 アニソン・アカデミー(NHK-FM)[中川翔子、あべあきら、藤崎弘士]
5年 アニメロティック(HBCラジオ)[MAYU]
5年 M×M×S【内田真礼の真礼充ラジオ】(USEN)[内田真礼]
5年 M×M×S【津田ちゃんとラジオ】(USEN)[津田美波]
5年 めっちゃすきやねん(ラジオ大阪)[大空直美、松田楓水、中島唯]
5年 RadiPrism(RCCラジオ)[カンダマサヨシ、スズキアサコ→ドウドウアユミ]
3年 AYA Means I Love You(NACK5)[平野綾]
2年 上坂すみれの乙女*ムジカ(東海ラジオ)
[上坂すみれ]
2年 まよなかデリバリー(ラジオ関西)[内山夕実、山本希望]
2年 妄想化学デパート AKIBANOISE(TOKYO FM)[サンキュータツオ、もふくちゃん]

<2013年 7月>
5年 i☆Ris 芹澤優のせりざわーるど with you(ラジオ日本)[芹澤優]

<2013年10月>
2年 霧島レイNavigates沢城みゆきのRadio Drive!→ユピテルpresents野島裕史・瀬戸麻沙美の霧島レイくらぶ(文化放送)
[沢城みゆき ⇒ 野島裕史、瀬戸麻沙美]

<2013年12月>
2年 ニッポン朗読アカデミー(ラジオ大阪)
[81プロデュース所属声優]

<2014年 4月>
4年 宮野真守のRADIO SMILE(文化放送)[宮野真守]
4年 ゆきんこ・りえしょんのいちごまみれだよ~(ラジオ関西)[五十嵐裕美、村川梨衣]
3年 うたバッカ→桜 稲垣早希のアニメ・アイドルスタジオ(MBSラジオ)[稲垣早希、ムサヒデカズ→学天即 ⇒ 稲垣早希 ⇒ 稲垣早希、三田麻央]
2年 井口裕香のチェンクロラジオ→井口裕香・花澤香菜のチェンクロラジオ→緑川光・今井麻美・内田彩のチェンクロラジオ(文化放送)[井口裕香 ⇒ 井口裕香、花澤香菜 ⇒ 緑川光、今井麻美、内田彩]

<2014年 7月>
4年 アニラジステーションやお!(岐阜放送)[若井友希、ayami→吉岡茉祐 ⇒ 若井友希]
3年 FM鷲ノ繪(fmさくだいら)[鷲崎健、中村繪里子]
3年 週刊ロクエヌ 編集長は佳村はるかラ・ジ・オ(fmさくだいら)[佳村はるか]
3年 諏訪彩花のざっくば☆らん(fmさくだいら)[諏訪彩花]

<2014年 8月>
4年 アニリク☆(FM広島)[にかもとりか]
2年 週刊 小林ゆう(ラジオニッポン)[小林ゆう、アミューズメントメディア総合学院声優タレント学科生徒]

<2014年10月>
4年 MOZAIKU NIGHT(bayfm)[長弘翔子、八代拓→仲村宗悟]
2年 ビバップ・コミュニケーション(ラジオ大阪)[木村昴、外崎友亮]

<2015年 3月>
3年 浅野真澄×山田真哉の週刊マネーランド(文化放送)[浅野真澄、山田真哉]

<2015年 4月>
3年 A&G TRIBAL RADIO エジソン(文化放送)
[花江夏樹、日高里菜 ⇒ 江口拓也、大西沙織]
3年 小野坂昌也の10年つづくラジオ→小野坂・秦の8年つづくラジオ(ラジオ関西)[小野坂昌也、ぽこ→秦佐和子]
3年 宏太朗と裕一郎 ひょろっと男子(文化放送)[西山宏太朗、梅原裕一郎]
2年 光央とちマのラジオ・ルノアール~今夜は○○~(ラジオ大阪)[岩田光央、東内マリ子]

<2015年 6月>
3年 ユニゾン!→ユニゾン!〜ジェネレーション〜→&CAST!!!(文化放送)[関智一 柿原徹也 寺島拓篤 鈴村健一 ⇒ 河本啓佑 畠中祐 沢城千春 千葉翔也 ⇒ 森久保祥太郎 吉野裕行 福山潤 諏訪部順一]

<2015年 7月>
2年 松井恵理子・内村史子のまイラぶストりーと(ラジオ大阪)[松井恵理子、内村史子]

<2015年10月>
3年 ミリオンアーサーRADIO!ミリラジ!(文化放送)[鈴木亜理沙、内田真礼、佐倉綾音]

<2016年 1月>

2年 中村繪里子 キラとき☆(ミュージックバード)[中村繪里子]
2年 株式会社CO通(ラジオ大阪)[白井悠介、染谷俊之]

<2016年 4月>

2年 上坂すみれの♡(はーと)をつければかわいかろう(文化放送)[上坂すみれ]
2年 オタク捜索 2次元ポリス(山形放送)[JORI、渡辺悠介、土田貴子→村越美咲 ⇒ JORI、渡辺悠介]
2年 松田的超英雄電波→松田的超英雄電波。(ラジオ関西→nico)[松田利冴、松田颯水]
2年 ゆうがたパラダイス火曜日 三森すずことアニソンパラダイス(NHK-FM)[三森すずこ]
2年 ワタナベフラワームサのアニソン部屋(ラジオ関西)[ムサ]
2年 岩男潤子のハッピーフライト(KBS京都)[岩男潤子]
2年 上坂すみれの文化部は夜歩く(ラジオ大阪)[上坂すみれ、早瀬かな]
2年 原由実・南千紗登のぱくぱく村(ラジオ関西)[原由実、南千紗登]


<2016年 7月>
2年 井口裕香のトーキングすむすむ(文化放送)[井口裕香]
2年 ご注文はラジオですか?? Is the order radio?? 〜チマメ隊のポポロンラジオ〜(文化放送)[水瀬いのり、徳井青空、村川梨衣]

<2016年10月>
2年 大地・みなみのカレーチャーハン(ラジオ関西)[大地葉、篠田みなみ]
2年 中島ヨシキのフブラジ!(CBCラジオ)[中島ヨシキ]

2年 水瀬いのり MELODY FLAG(文化放送)[水瀬いのり]
2年 野沢雅子 IN MY WORLD(FM OH!)[野沢雅子、夏野愛子]



 条件に当てはまるもの全てを抽出出来ているかどうか自信はありませんが、なるべく漏れが無いように調べてみました。条件に当てはまる番組で、「コレ入ってないよ!」というご意見がありましたら、コメント欄等で教えていただければ掲載します。
 2年以上続いた番組という条件でも、数多くの番組がありまして、どこから振り返ればよいのやらと迷うばかりでありますが、振り返っていくことにしましょう。


タイトル:パックインミュージック
パーソナリティ:野沢那智、白石冬美
放送局:TBSラジオ
放送期間:1968年8月4日~1982年7月30日

 アニラジかというと、そういう訳でもないので、リストの中にはあえて入れていなかったのですが、声優さんが担当していたラジオとして大変人気のあった番組ですので触れておきます。『パックインミュージック』とは、『セイ!ヤング(文化放送)』や、現在でも放送されている『オールナイトニッポン(ニッポン放送)』と並ぶ、人気深夜ラジオ番組でした。
 野沢那智さんと白石冬美さんのコンビ、那智チャコ(チャコとは白石さんのあだな)。野沢さんのあの軽快な名調子。そして、それに合わせている様で合わせていないフリーダムな白石さん。このコンビのスピード感ある掛け合いには圧倒されます。間の取り合いが素晴らしいプロフェッショナルな放送です。かといって、堅苦しい訳ではなく、役者さんならではの放送であったと思います。

 さすがに本放送をリアルタイムで聴いたことはないのですが、2006年にこの番組が1度だけ復活した際に、聴いた覚えがあります。あの当時の雰囲気を感じることが出来た滅多にないチャンスでしたし、今となってはそのチャンスも巡って来ないわけで、伝説のラジオ番組をリアルタイムで聴くことが出来たというのは貴重な体験でした。

 

 31年前の音源ですよ。


タイトル:アニメトピア
パーソナリティ:
初 代:麻上洋子、吉田理保子 三ツ矢雄二
2代目:田中真弓、島津冴子 三ツ矢雄二、松野達也
3代目:高橋美紀、坂本千夏 松野達也、難波克弘、中井雅之
4代目:冨永みーな、川村万梨阿 矢尾一樹、中井雅之
放送局:ラジオ大阪
放送期間:1979年10月6日~1986年10月5日

 アニラジの元祖、アニメトピアです。メインパーソナリティは女性声優2人で、サブパーソナリティとして、三ツ矢雄二さんや当時まだ10代であった松野太紀さん(当時は本名の松野達也として)が参加される形で放送されていました。(声優界の2大グレーゾーンの共演!)アニメ情報番組ではあるのですが、構成作家の目論見か、それともパーソナリティの性質の問題なのか、何故だか下ネタ有りのバラエティ番組として大人気に。(下ネタについては、2代目の時代が主に…)その為か、アニメファンはもちろんのこと、それ以外のファンの獲得に成功し、公開録音等のイベントが盛んに行われました。

 田中真弓&島津冴子&三ツ矢雄二&松野太紀&高千穂遙&安彦良和。メンツがおかしい。


タイトル:mamiのRADIかるコミュニケーション
パーソナリティ:
小森まなみ(産休時:矢尾一樹)、ミンキー・ヤス
放送局:東海ラジオ
放送期間:1984年10月13日~2009年10月4日

 四半世紀に渡って放送され続けた長寿番組mamiのRADIかるコミュニケーション。何年かぶりに聴いてみたとしても以前と変わらない。いつものタイトルコールに、いつものBGM。そして、いつもの小森まなみさんとミンキー・ヤスさんの声。そんな、いつ戻ってきてもいつも通りの放送が聴けるという不思議なラジオ番組でした。聴取者側が聞いていない間があったとしても、実際には毎週毎週の積み重ねがあって、それを当たり前の様に、四半世紀続けられてきた訳です。変わらない良さというものもあるんだなと実感しました。

 神谷明さんの台詞の部分は撮り直されていますが
それ以外は四半世紀経っても変わらない。どういうことなの!?


タイトル:青春ラジメニア
パーソナリティ:岩崎和夫、吉田秀子→南かおり
放送局:ラジオ関西
放送期間:1989年4月1日~放送中

 アニメソングを流す音楽番組が地方局に点在し、古くから続いているものも多いですが、その中でも代表的な番組が青春ラジメニアです。フルコーラスで音楽を流すポリシーがあり、前奏部分でトークを入れたり、歌の途中でフェードアウトすることなく、最初から最後まで流れるのが特徴的で、原則、リクエストはお葉書とFAXで行うといった、昔ながらのスタイルを今もなお貫いている硬派な番組と言えます。

 そんな青春ラジメニアに、声優バケツリレーという人気コーナーがありました。これは、声優さんに電話でインタビューを行うといったもので、最後には次週のゲストを紹介してもらうという、どこかで聞いたことのあるような内容。このコーナーが行われていた当時は、声優さんの生の声を聴ける機会が少なかった時代でしたので、たいへん貴重なコーナーでした。

 セイラ・マスや香貫花・クランシーのイメージとは違った可愛らしいしゃべり方に驚き。短い時間ながらも、井上さんの人柄が垣間見えるインタビューです。


タイトル:はいぱぁナイト(金)→はいぱぁナイト(月)→アロマチックナイト→Tokyo Wonder Jam うり!うり!うりほぅ!→日高のり子のHAPPY@
パーソナリティ:
日高のり子(産休時:林原めぐみ、山寺宏一、野沢雅子他)
放送局:KBS京都
放送期間:1989年10月13日~2004年3月27日

 パーソナリティとリスナーの距離が近かった番組で、電話でリスナーが参加できるコーナーが設けられていたり、放送局がある京都でのイベントや、はいぱぁナイト時代にはバスツアー等が行われました。こういった距離感で楽しめる番組は、最近ではなかなか無いかもしれません。この番組ではゲストとして、日高さんと関係のある声優さんが度々出演されていましたが、某アニメ監督、空母そそそそさん(庵野秀明さん)も出演されていました。

 ラジオ番組では、普通のお便りの事を「ふつおた」と呼ばれることが多いですが、この「ふつおた」の起源となったのがこの番組で、普通のおたがき(お葉書とお便りを合わせた造語)を略して、「ふつおた」と呼び、それが他の番組でも広がったそうです。

 らんま1/2のメンバーは、数多くゲストとして出演されていました。


タイトル:林原めぐみのTokyo Boogie Night
パーソナリティ:林原めぐみ(産休時:日高のり子)
放送局:TBSラジオ
放送期間:1992年4月11日~放送中

 1990年代に入りますと、ラジオドラマが放送されるアニラジが数多く放送されるようになりました。ガンダムの外伝的ストーリー『ガイア・ギア』、メディアミックス展開をしていた『魍魎戦記MADARA』、TVアニメとしても放送されていた『絶対無敵ライジンオー』、『魔神英雄伝ワタル』、『NG騎士ラムネ&40』、『GS美神』、『それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ』等々、単独の番組であったり、で流される形で放送されていました。TVアニメとは別のオリジナルストーリーをラジオで楽しめるというのは、ラジオでしか聞けない特別感がありました。『アニマガパラディ(文化放送)』や現在でも放送中の『林原めぐみのTokyo Boogie Night(TBSラジオ)』といったラジオドラマを流す番組が当時はありましたが、現在は減少傾向でしょうか。

 林原さんは、『Tokyo Boogie Night』の他には、ラジオ関西『Heartful Station』も担当されていましたが、こちらは2015年4月に放送終了。さらにはアニメ出演についても近年少なくなってしまいましたが、『Heartful Station』については林原さんのブログとして継続中。声から文字に変わったものの、飾らないトークがそのまま文章として再現されていて、今でも番組の雰囲気がブログという形で息づいています。『Tokyo Boogie Night』については今でもライフワークとして続けられていますね。今では大御所の林原さん。ゲストとして出演されている若手の声優さんは、林原さんを目の前にして緊張しているんだろうなと勘繰りながら聴くと面白いです。(ひねくれている)

 「東京ブギーナイト」のイントロの後に林原さんのタイトルコール、そして堀内賢雄さんの提供クレジット。このオープニングの流れは今でも変わりません。


タイトル:國府田マリ子のGAME MUSEUM→國府田マリ子のGM
パーソナリティ:國府田マリ子
放送局:ラジオ大阪
放送期間:1993年10月17日~2004/10/02

 マリ姉こと國府田マリ子さんの番組です。國府田さんの可愛いお声と、リスナーに対する真摯な姿勢が印象的な番組でした。放送が開始された頃の番組タイトルは『國府田マリ子のGAME MUSEUM』でゲームミュージックカウントダウンというゲームに関するコーナーがあったのですが、それが無くなりまして、『國府田マリ子のGM』とタイトルが変わりました。

 1990年代のアニラジブームの中、他の番組が終わってもこの番組は常に放送されていたイメージがありましたが、2004年に番組終了。しかし、今では、ニコニコ生放送で『國府田マリ子・南かおりのブンブンGM』が放送されています。昔GMを聴いていたという人は一度、こちらを聴いてみてはいかがでしょうか。

 放送開始時には24歳。放送終了時は…何歳だろうね?


タイトル:もっと!ときめきメモリアル→CLUBときめきメモリアル
パーソナリティ:丹下桜
放送局:文化放送
放送期間:1995年4月15日~1998年4月5日

 『ツインビーパラダイス』、『もっと!ときめきメモリアル』といったコナミのゲームを題材にしたラジオ番組も人気がありました。トークパートと、ドラマパートと分かれて放送されていたのですが、ドラマよりも、ドラマ終了後の声優さん達の掛け合いの方が面白かったとは口が裂けても言えません。

 この2つの番組では、「合言葉はBee!」、「あなたのハートにときめきLOVE」といった、合言葉や決め台詞的なものがありました。番組開始時や終了時に言う決め台詞は、ラジオ番組では付き物です。今でもこういった決め台詞があるのかなと思い返してみたのですが、何故だか「あなたのハートにリエ☆マジック」を思い出してしまいました。うん、全然関係ないね。

 丹下さんは1999年以降、半引退状態で、もう復帰はないかと思っていたのですが、現在は復帰。ラジオについても再開されていてうれしい限りです。


タイトル:久川綾のSHINY NIGHT
パーソナリティ:久川綾
放送局:文化放送
放送期間:1995年4月15日~1999年4月3日

 久川綾さんと言いますと、美少女戦士セーラームーンの水野亜美役のような清楚な役や、最近ですと、『這いよれ! ニャル子さん』や『京騒戯画』でのお母さん役を演じられていますが、そんなイメージなんてものを完全に吹っ飛ばしてくれる番組が『久川綾のSHINY NIGHT』でした。ここまではっちゃけられる人だったのかと驚きを感じさせてくれ番組で、あの当時は、緒方恵美さんの『銀河にほえろ!(文化放送)』、折笠愛さん、高田由美さんの『秘密の天地無用!(文化放送)』、石川英郎さん、永島由子さんの『電撃大賞(文化放送)』に並ぶ、アレな番組でした。どんな番組なのか気になる方は、参考動画をチェックしてみてください。

 始まりそうそうひどすぎる。(褒め言葉)裏で流れている久川さんの優しげな歌声に何の説得力が無いのがなんともはや。


タイトル:SOMETHING DREAMS マルチメディアカウントダウン
パーソナリティ:冨永みーな、椎名へきる → 田村ゆかり、堀江由衣
放送局:文化放送
放送期間:1995年4月15日~2002年10月5日

 アニソンランキング番組で、現在放送中の『A&Gメディアステーション こむちゃっとカウントダウン』の前番組として放送されていました。AMラジオ番組なのですが、FMラジオ番組で放送されているような雰囲気が印象的でした。パーソナリティの椎名へきるさんが多忙だったために途中で番組を降板し、その後アシスタントとして、田村ゆかりさんと、堀江由衣さんが加わりました。続いて冨永みーなさんも降板し、最終的には『やまとなでしこ』の田村さん、堀江さん、2人の番組に。冨永さんと椎名さんは時代が前後しますが、この番組が放送されてきた7年間で、世代交代の波を感じました。

 感覚的に、冨永さん>椎名さん>田村さん、堀江さんという世代間のイメージがあるのですが、椎名さんと、田村さん&堀江さん、実際には2歳しか変わりません。調べてみましたら、椎名さん初の単独番組『へきらーず☆radio(ラジオ大阪)』を放送していた頃は21歳。椎名さんは若い頃から活躍されていたんだなと改めて思いました。

 ランキングされている楽曲が、時代を感じるラインナップです。


タイトル:ゲルゲットショッキングセンター
パーソナリティ:井出功二、LFクールK(垣花正)
放送局:ニッポン放送
放送期間:1995年11月6日~1999年3月25日

 1995年以降、アニラジの番組数が一気に増えていきます。アニラジという言葉が広まったのもこの頃のことで、1995年にはアニラジグランプリというアニラジ専門誌が創刊されました。これはおそらく、TVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の影響が強く働いていると思われます。業界内がエヴァブームで盛り上がったことにより、TVアニメの番組数が増え、それに伴ってアニラジの番組数も増えた格好です。エヴァブームが、アニメブーム、アニラジブーム、さらには声優ブームに繋がったと言えるのではないでしょうか。

 そんなエヴァブームにうまく乗ったラジオ番組がありました。ゲルゲットショッキングセンターです。アニラジではないのですが、エヴァのTVシリーズ終了後、ビデオの発売により人気が徐々に広がろうとした頃、エヴァを特集。キャストの方がゲストとして登場しました。これによって、エヴァと共に番組自体も注目を浴びることになりました。

 ニッポン放送は、古くからアニラジを放送してきた文化放送と違い、アニメ関連の番組をあまり放送していなかったのですが、この頃のアニラジブームの影響が大きかった為か、スーパーアニメガヒットトップ10等のアニラジ番組を開始しました。現在でもミュ~コミ等の番組が放送されているのは、荘口彰久アナ、近年では吉田尚紀アナといった、アニメの知識があるアナウンサーの存在が大きいものと思います。

 『銀河にほえろ!』等のラジオで緒方さんを知ってしまっていますと、この頃の兄貴の初々しさに、違和感を感じずにはいられません。


タイトル:宮村優子の直球で行こう!
パーソナリティ:宮村優子、岩田光央
放送局:ラジオ大阪
放送期間:1996年10月15日~2000年9月5日

 『ぼくのマリー(文化放送)』というラジオ番組でパーソナリティを担当していた、宮村優子さんと岩田光央さんですが、この2人のハイテンショントークが好評だったことで、その後もコンビとしてラジオ大阪の番組に出演。中でも人気のあった番組が『宮村優子の直球で行こう!』です。ラジオ大阪では、アニラジ枠を、1314 V-STATION(Vステ)と称していますが、そんなVステで中心的な番組でもありました。

 Vステでは、聴取率調査週間に、Vステ夏の陣、冬の陣という生放送のイベントが行われていました。これは、Vステの番組パーソナリティが一堂に会して行われた番組だったのですが、通常は録音放送の番組でも、生放送として放送されるので生の臨場感が味わえましたし、生放送内で行われるロケ企画も楽しかったですね。あの当時のアニラジの勢いを感じさせるイベントでした。

 「ぼくのマリー」の頃はハイテンションでしたけど、この頃はゆる~いですね。


タイトル:超機動放送アニゲマスター
パーソナリティ:おたっきぃ佐々木、菊池志穂、池澤春菜 ⇒ おたっきぃ佐々木、豊口めぐみ、榎本温子→山本麻里安
放送局:文化放送
放送期間:1997年10月12日~2004年3月27日

 『ツインビーパラダイス』等、数々のアニラジのディレクターを務めてきたおたっきぃ佐々木さんが、初めてパーソナリティを担当したのがこの番組です。アニメやゲームを総合的に扱う番組で、番組内に別番組が内包されていまして、現在放送されている『A&G TRIBAL RADIO エジソン』の基となっています。

 ディレクターから出演者になったおたっきぃ佐々木さん、構成作家はもちろん出演者でもいける伊福部崇さん、その逆で、出演者はもちろん構成作家でもいける三重野瞳さん。思い返しますと、立ち位置の変わったラジオ関係者が結構多いですね。三重野さんは現在、赤尾でこ名義で脚本家として活躍されていますが、昔、歌手であった頃(今も?)を思い出しますと不思議な気持ちになります。「風のつばーさでー♪」誰が分かるんだこれ…。

 この企画、今頼んでもやってくれるのでしょうか?


タイトル:智一・美樹のラジオビッグバン
パーソナリティ:関智一、長沢美樹、BGP
放送局:文化放送
放送期間:1999年4月11日~2014年9月28日

 関智一さんと、長沢美樹さんという、元彼氏彼女の2人で長年放送され続けている『智一・美樹のラジオビッグバン』。関さんの番組と言うことで内容も当然アレなのですが、声優を目指す人たちをアシスタントとして採用して、1年間育てるといったことを行っています。このプロジェクトをビッグバングランプリプロジェクト(BGP)というのですが、このBGPを経て、今井麻美さん、大橋歩夕さん、藤田咲さん、佐藤聡美さん、三上枝織さん、種田梨沙さんら、現在でも活躍されている方もいます。2000年に放送が開始された『明・めぐみのドリーム・ドリーム・パーティ(文化放送)』でも、声優を育てる企画『ドリームチャレンジャー』が行われました。

 今井麻美さんや、長谷部瞳さんがいた3代目アシスタント時代の放送です。


タイトル:水樹奈々 スマイルギャング
パーソナリティ:水樹奈々、福圓美里
放送局:文化放送
放送期間:2002年4月5日~放送中

 2000年以降、1990年代後期に各番組でアシスタントを務めていた声優さんが単独の番組を持つようになります。代表格として、『水樹奈々 スマイルギャング』、『堀江由衣の天使のたまご(文化放送)』、『田村ゆかりのいたずら黒うさぎ(文化放送)』といった番組が挙げられますが、それぞれ現在でも放送中の番組です。10年以上業界で生き続けること自体難しいとは思いますが、その結果からか今では風格すら感じさせるお3人さんです。この3人の牙城に食い込んでくる人がこれから出てくるのか楽しみです。と、そんな文章を考えていましたら、もっと大きな牙城(日高のり子&林原めぐみ)があったな思い出し、楽しみどころか恐ろしくなりました。まる。

 福圓さんが初々しすぎて、何だか別人の様。


タイトル:集まれ昌鹿野編集部
パーソナリティ:小野坂昌也、鹿野優以
放送局:ラジオ関西
放送期間:2006年4月2日~2015年3月29日

 ラジオ大阪がアニラジ枠をVステと称していますが、ラジオ関西でも2005年から『アニたまどっとコム』というアニラジ枠が作られました。この『アニたまどっとコム』での代表的な番組と言えば、ラジオ関西制作番組では『青春ラジメニア』に次ぐ放送期間となる『集まれ昌鹿野編集部』です。最初の頃は、暴れん坊の小野坂昌也さんに、事務所の後輩である鹿野優以さんが振り回されていた感があったのですが、今では冷めきった夫婦の様なやりとりが楽しめます。どうしてこうなったのやら、時の流れの怖さを感じずにはいられません。

 2012年に行われた公開録音イベントで、ケーキに頭を突っ込む要領で、大きな栗羊羹に頭を突っ込んでいた小野坂さん。そんな小野坂さんが、ステージからはけられるところにバッタリ遭遇したのですが、ステージ上の若々しい小野坂さんの姿はそこにはなく、”おじいちゃん”がそこにいました。おじいちゃんにはあまり無理させちゃいけないなと、つくづく思った次第です。


 小野坂さん、清水さんのラジオでの久しぶりの共演。かたや、40代のオジサンに、片や、まん丸くなりました。


タイトル:ノン子とのび太のアニメスクランブル(文化放送→超!A&G+)
パーソナリティ:日高のり子、長谷川のび太
放送局:文化放送→超!A&G+
放送期間:1991年4月14日~放送中

 近年では、ラジオで放送されるアニラジの数は少なくなりました。ラジオで放送されていた番組が、インターネットラジオ番組として継続するようなパターンが多くなり、アニラジの舞台はインターネットラジオに移り変わろうとしています。『ノン子とのび太のアニメスクランブル』が代表的な例で、2012年より『超!A&G+』で放送されています。

 ラジオで放送するからこそ、不特定多数の聴取者に聴いてもらえるメリットがありましたが、インターネットラジオには、比較的安価で放送できる製作者側のメリットと、配信期間中はいつでも聞くことが出来る聴取者側のメリットがありますので、当然の移り変わりと言えると思います。

 ラジオには、チューニングしながら番組を探すような楽しみがありました。チューニングしていて偶然知った番組を聴き続けることになったという方も少なくないのでは。こういった偶然の番組との出会いがなくなってしまうことは残念な気もします。

 長年続いている番組の共通点は良い意味で「変わらない」。この番組もまたそうですね。



 今回はアナログ放送の番組のみ取り上げましたが、デジタル放送の番組も含めますと、リストだけで記事が埋まってしまうほどの数となります。デジタル放送初期の頃であれば、『ラジオどっとあい(公式サイト、BBQR)』、『榎本温子のらじお・む~(公式サイト、BSQR、BBQR)』、『美佳子@ぱよぱよ(アニメイトTV)』が挙げられますが、その後、数えきれないほどの番組が配信されてきました。『さよなら絶望放送(アニメイトTV)』、『A&G GAME MASTER GT-R(超!A&G+)』、『ぶるらじ(ニコニコ動画)』等々、次回は、その辺りについて振り返ってみようと思います。

デジタル編へ