輝きが向こう側へ!

輝きが向こう側へ!

思いついたことをそのまま記事にしている何の脈略もないブログです。アニメやゲームの感想等を掲載。

【イベントレポート】ステージ裏から聞こえてきた掛け声でスタート『Run Girls, Run! ショーケースイベント 位置についてよーいドン! Vol.1』

イベント詳細


 Run Girls, Run! ショーケースイベント 位置についてよーいドン! Vol.1
  開催日:2017/09/23 会場15:45 開演16:15
  会 場:LIVE labo YOYOGI(東京都)
  料 金:3,240円(別途ドリンク代600円)
  出演者:林鼓子(速志歩役)、森嶋優花(守島音芽役)、
      厚木那奈美(阿津木いつか役)

 出演者感想まとめ


 ステージ裏から聞こえてきた「Run Girls, Run!」の掛け声でスタート 

 今年の7月に開催されたワンフェスにて初お披露目となった、TVアニメシリーズ『Wake Up, Girls! 新章』から登場する新ユニット『Run Girls, Run!』。『i☆Ris』から始まった『アニソン・ヴォーカルオーディション』の第3回で選出されたメンバーです。そのユニットのショーケースイベントが開催されるということで参加してみることに。会場は『LIVE labo YOYOGI』。1人通るのがやっとの階段を降りていったところにライブスペースが。キャパ200人とのことですが、同じキャパであり、かつてWUGのメンバーがショーケースイベントを行った『TwinBox AKIHABARA』よりも狭い感じ。深海をイメージしているそうで、開演前は青の照明がステージ上から照らされていました。

 物販は終演後でも行われるとのことでしたが、ドリンクの引き換えは今しかできないとの話でしたので、とりあえずコーラと交換。物販では記念に缶バッチを購入しました。ほとんどの方はそのままライブスペースに行かれてしまったので、少し遅れてしまい、本来より1列後ろになってしまったかもしれません。それでも、視界良好な位置を取ることができました。

 ライブの諸注意は3人の影ナレで。その後、開始を待つわけですがステージ裏から勢いの良い「Run Girls, Run! 」の掛け声が聞こえてきました。いやはや、初々しい。


セットリスト(全4曲)

 M01:リトル・チャレンジャー 披露数:2回目
    リトル・チャレンジャー(2014/03/26)より
    作詞:辛矢凡 作曲・編曲:田中秀和
    歌:Run Girls, Run!

 M02:16歳のアガペー 披露数:3回目
    16歳のアガペー(2014/12/03)より

    作詞:只野菜摘 作曲・編曲:広川恵一
    歌:Run Girls, Run!

 M03:タチアガレ! 披露数:3回目
    Wake Up, Best!(2015/03/18)より
    
作詞:辛矢凡 作曲・編曲:神前暁
    歌:Run Girls, Run!

 M04:カケル×カケル 披露数:初披露
    CD未発売
    作詞:只野菜摘 作曲:神前暁 編曲:広川恵一
    歌:Run Girls, Run!


 始まって早々、立ち位置について『リトル・チャレンジャー』と『16歳のアガペー』の2曲を立て続けに。ステージと観客との距離がとても近く、最初はそれに圧倒されていた感じでした。最前列の方たちの盛り上がる姿を見て思わず笑ってしまう場面も。とはいえ、パフォーマンス自体は既に大したもので、緊張感は伝わってきたものの、WUG初期の良い意味での素人臭さはなく、あとは経験を積んで自信を付けていくだけといった出来上がり具合。初舞台となったワンフェスとは見違える姿に。今のWUGのメンバーをハードルとして設定すると、原石ではなく即戦力をと考えられたオーディションだったのかなと感じられたパフォーマンスでした。

 衣装は自身が演じるキャラクターたちと同じ学校の制服。これを見て、かつてのWUGのメンバーを思い出したかというと、そういうことはなかったのでした。あちらは、昔ながらの学生服で、かつ別々の学校のものなので、衣装らしくない生々しさが。

 2曲歌い終えたところで自己紹介のコーナーへ。長所短所等々が記載されたフリップが用意され、付箋が貼られている部分を観客側が当てるという内容。フリップには林さん作の可愛い似顔絵が。このフリップはスタッフの女性の方がずっと掲げられていたのですが、その方がとても綺麗で、むしろ、「あなたの自己紹介を!」と思ってしまうという。そんな半分冗談はさておき、3人の自己紹介について。まずは林鼓子さん。フリップの文字が見えづらいので、それぞれの項目名を立て続けに読み始められたのですが、1つ1つ内容を紹介していく形が良かったかもしれません。1つ読み忘れていた項目を厚木那奈美さんがすかさずフォロー。基本的に進行は林さんでしたが、厚木さんが都度フォローを入れていたのが印象に残りました。そんな厚木さんはトマトが苦手とのことで、同じくトマト嫌いなWUGの田中さんとのエピソードを絡めて話されていました。森嶋優花さんは、i☆Risが好きだという話を。そういえば森嶋さんは、この間観た映画『きみの声をとどけたい』で主演を務めたユニット『NOW ON AIR』のオーディションのファイナリストに選ばれていたとのこと。あの時の舞台挨拶にいてもおかしくなかったのだなと思うと、今こうしてRGRのメンバーとして目にしているとは面白い廻りあわせだなと感じたのでした。

 続いて朗読コーナーへ。アイドルになる前の学校での3人の会話。ここでは3人の掛け合いと、林さんによるWUGメンバー全員のモノマネが楽しめました。お互いの顔を見合わせたり、時には語りかけるように前を向いたりと、朗読劇が成立していることに驚き。SEの入れ間違い等、音声のトラブルがあり、むしろ、大人たちがしっかりしてくださいという状態。そんなトラブルがあっても動じずに進められていました。モノマネについては、どれも特徴を捉えたもので会場が沸いていました。森嶋さんの台詞量が多く、彼女が話をまわす形でしたが、本来のキャラクターはそうではないそうで、本編ではどういった立ち回りをするのか気になるところです。

 再びライブコーナーへ。『タチアガレ!』に続いて歌われたのが新曲『カケル×カケル』。「カケル・カケル・カケル」と3人がそれぞれ言ってから曲がスタート。ワンフェスで神前暁さんがRGRの曲を作曲されると話されていたので、ここで聴けたら嬉しいなと思っていましたのですが、幸いなことにこの場で初披露となりました。『タチアガレ』の様にストレートなアイドルソングではなく、また難しい曲を用意したものだなと初聴きの時点でそう感じました。それでも、それを歌いこなすのだから、この子達は大したものです。そもそも、新章が始まると聞いて、WUGが歌う主題歌は神前さんが作曲されるものだと思っていました。それがまさか新ユニット担当とは、力の入れ具合が分かるというもの。駆け出していくようなフリが印象的なこの曲。この場でRGRのポーズも決まり、ここからスタートを切るのだなと感じさせる内容でした。



 終演後、ステージ裏に戻った3人が大きな声で「お疲れ様でしたー!」とスタッフの皆さんにご挨拶。開演前同様、声が聞こえてきました。公演時間は50分と短めでしたが、お見送りがあるとのことで、準備の為にその場で待つことに。この間、ドリンクの交換ができたので、このタイミングですれば良かったと若干後悔。準備ができ、階段を昇っていく途中でお見送りが。そして、地上へ。こういった地下会場ですと、現実に戻ってしまった感が大きいのは一体何故なのでしょうか。

 『タチアガレ!』を歌う前に、林さん(中学生)が森嶋さん(大学生)の制服のリボンを直してあげる場面が。こう考えますと、年の差がありながら微笑ましいシチュエーション。でも、これが違和感が無い。リボンを直してあげるというのもそうですし、トークのフォローを入れてあげたりと、年の差関係なく支え合いができている関係性が感じられたので、そう思えたのでしょう。RGRのキャラクターや関係性が知れ、聴きたかった神前さん作曲の新曲初披露もあり、来た甲斐がありました。10月からは、RGR単独とWUGメンバーとのラジオ番組が始まるとのこと。これからの活躍に目が離せません。