輝きが向こう側へ!

輝きが向こう側へ!

思いついたことをそのまま記事にしている何の脈略もないブログです。アニメやゲームの感想等を掲載。

アイドルを題材にしたゲーム作品を年表と共に振り返ってみた


 以前に「アイドルを題材にしたアニメ作品を年表と共に振り返ってみた」の記事を投稿しましたが、ゲームについても調べまして年表を作成してみました。

■アイドルを題材にしたゲーム作品年表

発表年月      ハード     タイトル(メーカー)
1985年 6月  AC      テディーボーイ・ブルース(セガ)
1987年 2月  AC      ワンダーモモ(ナムコ)
1987年12月  FC      中山美穂のトキメキハイスクール(任天堂)
1988年 6月  FC      リサの妖精伝説(コナミ)
1988年12月  PCE     No・Ri・Ko(ハドソン)
          PC-9801 プロダクション・マネージャー(コムパック)
1989年 3月  FC      光GENJI ローラーパニック(ポニーキャニオン)
1989年 6月  FC      ラサール石井のチャイルズクエスト(ナムコ)
1989年 9月  FC      アイドル八犬伝(トーワチキ)
1989年10月  PCE     鏡の国のレジェンド(ビクター音楽産業)
1990年 2月  PCE     迷宮のエルフィーネ(日本テレネット)
1990年 9月  PCE     みつばち学園(ハドソン)
1992年10月  PCE     銀河お嬢様伝説ユナ(ハドソン)
1993年 6月  PCー9801 誕生 〜Debut〜(NECアベニュー)
1994年 9月  PCー98   アイドルプロジェクト(KSS)
1995年 8月  PCE     プライベート・アイ・ドル(NECホームエレクトロニクス)
1995年12月  PC-98   アイドルプロジェクト2(KSS)
1996年 5月  PS      あいどるプロモーション すずきゆみえ(アリュメ)
1996年10月  PS      ヒロインドリーム(マップジャパン)
1997年 8月  AC      きらめきスターロード ♪イントロ倶楽部(タイトー)
1997年12月  SS      Hop Step あいどる☆(メディアエンターテイメント)
1998年 2月  PS      プロジェクトV6(ゼネラル・エンタテイメント)
1998年 6月  PS      ヒロインドリーム2(マップジャパン)
1998年 9月  PS      DEBUT21(NECインターチャネル)
1999年 4月  PS      有限会社地球防衛隊(メディアリング)
2000年 4月  PS2     0STORY(エニックス)
2000年 8月  AC      クイズでアイドル!ホットデビュー(彩京)
2001年 1月  PS2     スペースヴィーナス starring モーニング娘。(SCE)
2001年 3月  PS      天空のレストラン Hello! Project Ver.(メディアファクトリー)
2001年 4月  PS2     Love Songs アイドルがクラスメ〜ト(D3パブリッシャー)
2001年 7月  AC      どきどきアイドルスターシーカー(G.rev)
2002年 1月  DC      どきどきアイドルスターシーカーRemix(G.rev)
2002年10月  PS      なんてっ探偵アイドルTHEジグソーパズル(バンダイ)
2003年 8月  PS2     妄想科学シリーズ ワンダバスタイル 〜突撃!みっくす生JUICE〜(D3P)
2004年 2月  GBA     リリパット王国 ~リリモニといっしょプニ!~(セガ)
2004年 9月  PS2     双葉理保 14歳 ~夏~(D3パブリッシャー)
2004年10月  AC      オシャレ魔女 ラブandベリー(セガ)
2004年11月  PS2     双葉理保 19歳 ~冬~(D3パブリッシャー)
2004年12月  GBA     ハロー!アイドルデビュー(クリエイティブ・コア)
2005年 4月  PS2     らぶドル 〜Lovely Idol〜(オークス)
2005年 7月  AC      THE IDOLM@STER(バンダイナムコゲームス)
2006年 7月  AC      キラキラ♥アイドル リカちゃん(タイトー)
2006年 8月  DS      きらりん☆レボリューション きらきらアイドルオーディション(コナミ)
          DS      クイズ きらめきスターロード(タイトー)
2006年11月  DS      オシャレ魔女♥ラブandベリー 〜DSコレクション〜(セガ)
2006年12月  AC      きらりん☆レボリューション ハッピー★アイドルライフ(アトラス)
          DS      きらりん☆レボリューション ~なーさんといっしょ~(コナミ)
2007年 1月  XBOX360 THE IDOLM@STER(バンダイナムコゲームス)
2007年 7月  DS      きらりん☆レボリューション めざせ!アイドルクイーン(コナミ)
2007年12月  DS      きらりん☆レボリューション つくってみせちゃお! (コナミ)
2008年 2月  XBOX360 THE IDOLM@STER LIVE FOR YOU!(バンダイナムコゲームス)
2008年12月  DS      きらりん☆レボリューション あつめてチェンジ! (コナミ)
2009年 2月  PSP     THE IDOLM@STER SP(バンダイナムコゲームス)
2009年 7月  PSP     初音ミク -Project DIVA-(セガ)
2009年 9月  DS      THE IDOLM@STER Dearly Stars(バンダイナムコゲームス)
2009年12月  PSP     らき☆すた ネットアイドル・マイスター(角川書店)
          AC      リルぷりっ ゆびぷるひめチェン!(セガ)
2010年 2月  DS      クッキンアイドル アイ! マイ! まいん! (コナミ)
2010年 6月  PSP     うたの☆プリンスさまっ♪(ブロッコリー)
          携帯      ドリームプロデューサー(CyberX)
          PS3     WHITE ALBUM -綴られる冬の想い出-(アクアプラス)
2010年 7月  AC      プリティーリズム・ミニスカート(タカラトミー)
2010年10月  PSP     AKB1/48 アイドルと恋したら…(バンダイナムコゲームス)
2010年12月  携帯      アイドルマスターモバイルi(バンダイナムコゲームス)
          PSP     うたの☆プリンスさまっ♪ -Amazing Aria-(ブロッコリー)
2011年 1月  PC      スマイルシューター ふぁーすとちけっと(工画堂スタジオ)
2011年 2月  XBOX360 THE IDOLM@STER 2(バンダイナムコゲームス)
          PSP     うたの☆プリンスさまっ♪ -Sweet Serenade-(ブロッコリー)
2011年 4月  携帯      アイドル☆スタジオ(アンビション)
          携帯      アイドルをつくろう(ウィンライト)
2011年 8月  PSP     うたの☆プリンスさまっ♪ Repeat(ブロッコリー)
          携帯      アイログ(タイトー)
2011年10月  PS3     THE IDOLM@STER 2(バンダイナムコゲームス)
          PS3     アイドルマスター グラビアフォーユー!(バンダイナムコゲームス)
          PSP     AKB1/48 アイドルとグアムで恋したら…(バンダイナムコゲームス)
2011年11月  PC      ソニコミ(ニトロプラス)
          PSP     うたの☆プリンスさまっ♪ MUSIC(ブロッコリー)
          携帯      アイドルマスター シンデレラガールズ(バンダイナムコゲームス)
          携帯      人気!アイドルプロデューサー(aitia)
2012年 4月  携帯      アイドルメーカー(GaYa)
2012年 5月  携帯      スタプラ!(コロプラ)
2012年 7月  携帯      ファンクラブマスターズ(クルーソー)
2012年 8月  携帯      IDOL☆J@M(フジテレビジョン)
          携帯      アイドルハーツ(インブルー)
          携帯      AKB48 トレーディングカード ゲーム&コレクション(エムティーアイ)
2012年 9月  携帯      葬除屋XLORD(プレシディオ)
2012年10月  AC      アイカツ! -アイドルカツドウ!-(バンダイ)
          PC      アイコレ(D2C)
          PSP     THE IDOLM@STER SHINY FESTA(バンダイナムコゲームス)
          3DS     AKB48+Me(角川ゲームス)
2012年12月  3DS     アイカツ! シンデレラレッスン(バンダイナムコゲームス)
          3DS     アクリルパレット~彩りカフェ・Cheers~(クロン)
          PSP     AKB1/149 恋愛総選挙(バンダイナムコゲームス)
2013年 1月  携帯      AKB48の野望(コーエーテクモゲームス)
          携帯      俺のアイドルが一番な理由(アムゼネット)
2013年 2月  携帯      THE IDOLM@STER MILLION LIVE!(バンダイナムコゲームス)
2013年 3月  PSP     うたの☆プリンスさまっ♪All Star(ブロッコリー)
          携帯      ときめきレストラン(コナミ)
2013年 4月  携帯      AKB48 ゲーム&コレクション 推しメンクライシス(エムティーアイ)
          携帯      ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(KLab)
2013年 6月  PSV     神次元アイドルネプチューヌPP(コンパイルハート)
          携帯      濃厚カレシ(MAGES.)
2013年 8月  携帯      リズムアイドル(アエリア)
2013年 9月  PSP     うたの☆プリンスさまっ♪ MUSIC2(ブロッコリー)
          PS3     俺の妹がこんなに可愛いわけがない。ハッピーエンド(BNG)
          携帯      HKT48 栄光のラビリンス(AIIA)
2013年10月  PS3     THE IDOLM@STER SHINY TV(バンダイナムコゲームス)
          携帯      ラブセン~V6とヒミツの恋~(サイバード)
          携帯      ♀アイドル×アイドル♂(エミック)
2013年11月  3DS     アイカツ! 2人のmy princess(バンダイナムコゲームス)
          携帯      キミドル ~キミのアイドル~(プロフェッショナルズ)
          携帯      49人目の少女(Nagisa)
2013年12月  携帯      Wake Up, Girls! ステージの天使(gloops)
2014年 2月  PSP     幕末Rock(マーベラス)
          携帯      Tokyo 7th シスターズ(Donuts)
          携帯      アイドルジャムZ -プリンセスと緋竜の王冠-(オルトプラス)
2014年 3月  PS3     モット!ソニコミ(角川ゲームス)
          携帯      アイドリズム(トムス)
          携帯      UNDERGROUND PRINCESS(hautecouture)
          携帯      スクラップボーイズ(クリーモ)
          携帯      To LOVEる–とらぶる- ダークネス -Idol Revolution-(gloops)
          携帯      マイフェアボーイ イケないアイドルプロデューサー(Arithmetic)
2014年 4月  AC      セーラーゾンビ AKB48アーケード・エディション(BNG)
2014年 5月  PS3     アイドルマスター ワンフォーオール(バンダイナムコゲームス)
          携帯      AKB48 ついに公式音ゲーでました。(ストラテジーアンドパートナーズ)
2014年 6月  携帯      結成!Liveアイドル魂(グローバルスクウェア)
          携帯      うたプリアイランド(ブロッコリー)
2014年 7月  AC      プリパラ(タカラトミーアーツ)
          3DS     ソニプロ(イメージエポック)
          携帯      THE IDOLM@STER SideM(バンダイナムコゲームス)
2014年 8月  PC      アイドル魔法少女ちるちる☆みちる 前編(フロントウイング)
          PSV     ラブライブ! スクールアイドルパラダイス(角川ゲームス)
          携帯      アイカツ!ミュージックビデオメーカー(バンダイナムコゲームス)
2014年 9月  PSV     幕末Rock 超魂(マーベラス)
          携帯      アイドル伝説~飛翔編~(PUMO)
2014年10月  PS4     オメガクインテッド(コンパイルハート)
2014年11月  3DS     ドーリィ♪カノン(バピネット)
          3DS     まほコレ~魔法☆あいどるコレクション~(MAGES.)
          PSV     MARGINAL#4 IDOL OF SUPERNOVA(Rejet)
          携帯      Starburst! アイドル誕生~2014~(NINO)
          携帯      ハロプロタップライブ(アスキス)
2014年12月  PC      アイドル魔法少女ちるちる☆みちる 後編(フロントウイング)
          3DS     アイカツ!365日のアイドルデイズ(バンダイナムコゲームス)
          携帯      アイドルクロニクル(タイトー)
          携帯      アイパラ! IDOL PARADISE(WHRP)
2015年 2月  携帯      アイドルリコレクション(クリエイティブフォース)
          PSP     うたの☆プリンスさまっ♪All Star After Secret(ブロッコリー)
2015年 3月  3DS     プリパラ&プリティーリズム
                  プリパラでつかえるおしゃれアイテム1450!(タカラトミーアーツ)
2015年 4月  PSV     VENUS PROJECT(GALAT)
2015年 6月  携帯      アイ★チュウ(リベル・エンタテインメント)
          携帯      あんさんぶるスターズ!(Happy Elements K.K)
          携帯      DREAM BEAT~ドリームビート~(GALAT)
2015年 7月  PC      アイドルうぉーず~100人のディーバと夢見がちなボク~(グリフォン)
2015年 8月  携帯      アイドリッシュセブン(バンダイナムコオンライン)
          携帯      幕末Rock 序極(マーベラス)
2015年 9月  携帯      アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ(BNE)
                  幕末Rock 極魂(マーベラス)
2015年10月  3DS     プリパラ めざせ!アイドル☆グランプリNo.1!(タカラトミーアーツ)
2015年11月  3DS     アイカツ! My No.1 Stage!(BNE)
2015年12月  PSV     アイドルマスター MUST SONGS 赤盤/青盤(BNE)
          携帯      週刊マイアイドル(SEEC)
          携帯      スクールスタードリーム!(KADOKAWA)
2016年 1月  携帯      アイカツ! フォトonステージ!!(BNE)
          携帯      ハロプロタップライブ(アスキス)
2016年 5月  AC      データカードダス アイカツスターズ!(BNE)
          携帯      8 beat Story♪(クロノス)
          携帯      ドリフェス!(BNE)
2016年 7月  PS4     アイドルマスター プラチナスターズ(BNE)
          3DS     アイカツスターズ! ファーストアピール(BNE)
2016年 8月  携帯      アイドルコネクト -アスタリスクライブ-(クリエイティブフロンティア)
2016年10月  PSVR    シンデレラガールズ ビューイングレボリューション(BNE)
          PSV     アイドルデスゲームTV(D3P)
          携帯      アイドル事変(MAGES.)
2016年11月  3DS     アイカツスターズ! Myスペシャルアピール(BNE)
          3DS     プリパラ めざめよ!女神のドレスデザイン(タカラトミーアーツ)
2017年 1月  携帯      スクールスタードリーム~カミオシ!~(BBB)
2017年 5月  携帯      アイドルフェスティバル サンシャインスターズ(DMM)      
          携帯      アイドル リズム パーティー(アイピーク)

2017年     携帯      アイドルマスター SideM LIVE ON ST@GE!(BNE)
          携帯      アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ(BNE)
          携帯      青空アンダーガールズ!(スクウェア・エニックス)
          携帯      アニドルカラーズ(ボルテージ)
          携帯      うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live(KLab)
          携帯      歌マクロス スマホDeカルチャー(DeNA)
          携帯      Re:ステージ!プリズムステップ(ポニーキャニオン)
未定        携帯      Wake Up, Girls! パズルの天使(オルトプラス)


 実のところ、これで全てではありません。麻雀ゲーム(某アイドル雀士等)を含めてしまいますと、もの凄い数になるのであえて外していますし、PCゲームですと、良い子には見せられないようなものまで、いろいろとあります。ここ数年は携帯電話向けのゲームが数多く配信されていまして、こちらについても網羅できている訳ではありませんが、大体こんな感じというアバウトな目線で見て頂けると助かります。


タイトル:ワンダーモモ
ジャンル:アクション メーカー:ナムコ ハード:アーケード、PCエンジン
AC版稼働日:1987年2月 PCE版発売日:1989年4月21日 価格:5,200円(税別)

 あのアイマスのナムコの元祖アイドルゲームと言えば『ワンダーモモ』です。遊園地等で開催されているヒーローショーをゲーム化。アイドルである主人公の神田桃がワンダーモモに変身し、舞台上で怪人軍団ワルデモンと戦うといった内容です。シチュエーションが面白く、ゲーム中に流れるBGMも印象的な本作ですが、ゲームとして面白かったかというと疑問符が付くレベル。戦闘員と戦う、変身する、怪人と戦うというルーチンワークがただただ続きますので、メリハリが欲しいというのが正直なところです。しかしながら、キャラクター人気は高いようで、2005年に発売された『NAMCO x CAPCOM』という、ナムコとカプコンの人気キャラクターが集結したシミュレーションゲームに登場したり、Xbox360版『アイドルマスター』では、ワンダーモモの衣装がダウンロードコンテンツとして配信されるなど、ナムコの看板キャラクターとして未だに根強い人気があります。

なんともゆるーいBGMが印象的。変身するとそのBGMが一転し、勇ましい感じに。
このBGMを歌唱曲としてアレンジされたものがありますが、BGMの転調を
歌声を変えることで表現し、メリハリを付けていたのはうまいなと思いました。



タイトル:中山美穂のトキメキハイスクール
ジャンル:アドベンチャー メーカー:任天堂 ハード:ディスクシステム
発売日:1987年12月1日 価格:3,500円(税別)

 任天堂から発売された『中山美穂のトキメキハイスクール』。開発は任天堂とスクウェア共同で行われました。実在するアイドル『中山美穂』がヒロインとして登場するアドベンチャーゲームなのですが、今では中山美穂さん自体ピンと来ない方も多いかもしれません。作家の辻仁成さんと結婚された後、フランスに移住されてからテレビ出演が少なくなっていますが、当時は人気アイドルの1人でした。

 ゲームとしては非常に斬新なことをしていたゲームで、ゲーム中に電話番号が表示されて、その電話番号に実際に電話をかけると、中山美穂さんの自動音声が流れて、ゲームのヒントがもらえるという仕組みがあったり、ディスクファックスというゲーム販売店舗に設置されていた機械に、ゲームをクリアしたデータがセーブされているディスクを読み込ませれば、プレゼント企画に応募できるということが行われていたりしました。ゲームの難易度が高く、選択肢を間違えると簡単にゲームオーバーになってしまうようなものでしたので、当時の中山美穂ファンにとっては辛い思い出になっているかもしれません。挙句の果てに、辻仁成さんに持っていかれるとは世知辛いものです。そんな辻さんも中山さんと離婚。今もなお難易度が高かったようです。(むしろ辻さんの難易度が高かったのかも)

何故かゲームの動画を貼らずに中山美穂さん本人の動画を貼るという。



タイトル:ラサール石井のチャイルズクエスト
ジャンル:ロールプレイング メーカー:ナムコ ハード:ファミリーコンピュータ
発売日:1989年6月23日 価格:5,500円(税別)

 ナムコが『ワンダーモモ』に続いて、世に送り出したアイドルゲーム『ラサール石井のチャイルズクエスト』。プレイヤーは、チャイルズというお笑いアイドルグループをマネージャーとして支え、ファンを集めて、スターの殿堂『ときおホール』でのコンサートを成功させるのが目的のRPGです。

 従来のRPGであれば戦闘シーンがあるのですが、このゲームではそれが営業シーンとなり、相手を倒すのではなく、ファンにさせるという内容となっています。この営業シーンでファンを集めてコンサートを行います。コンサートのシーンでは、持ち歌を歌ったり、コントをしたり、トークをしたりと、観客を沸かせなければなりません。こうしたステージングを評価されるシーンは、まさにアイマスを髣髴とさせる…訳ないか…。

 アイドルを扱ったゲームなのにも関わらず、尿意というシステムがあり、フィールド上を移動していますと、その尿意が溜まっていき、そのまま放置しているとお漏らししてしまいます。お漏らしについては、アイテムに『おむつ』があり、それをあてがうことで回避することができますので、多い日も安心ですね。アイドルゲーム、これでいいのだろうか?

チャイルズどえーす!



タイトル:アイドル八犬伝
ジャンル:アドベンチャー メーカー:トーワチキ ハード:ファミリーコンピュータ
発売日:1989年9月14日 価格:6,000円(税別)

 トーワチキという、とってもマイナーなゲーム会社から発売されたアドベンチャーゲーム『アイドル八犬伝』。とてもおバカでぶっとんだストーリーですので、プレイヤーを選ぶゲームと言えるでしょう。開発はトーワチキと、メダロットシリーズで有名なナツメ。トーワチキは2001年に倒産してしまいましたが、2007年に桃井はるこさんが、このゲームで流れていたアイドルソング『きみはホエホエむすめ』をカバーしていたり、2011年にはオリジナルスタッフ制作によるCDが発売されました。時の流れは残酷ではありますが、時が経つことで出会えるものもあるのだなと教えられました。ありがとう、ありがトーワチキ!

こちらは桃井はるこさんがカバーしたバージョンの「きみはホエホエむすめ」



タイトル:誕生 〜Debut〜
ジャンル:シミュレーション メーカー:NECアベニュー
ハード:PC-9801、PC-9821、FM TOWNS、Macintosh、
    PCエンジン CD-ROM2、3DO、セガサターン、ワンダースワン
PC-9801版発売日:1993年6月25日 価格:12,800円(税別)

 時代は変わって1990年代に。『誕生 〜Debut〜』、ここにきて王道のアイドル育成ゲームが登場です。プレイヤーはアイドルの新人オーディションで、8位から10位に選ばれた3人の担当マネージャーとして、2年後に開催されるアイドル大賞でグランプリ受賞を目指します。

 当時の人気女性声優がアイドル役としてキャスティングされています。ハードがパソコンやPCエンジンですので、キャラクターの台詞が声優さんの音声で聞ける!今では当たり前のことなのですが、当時はパソコンやPCエンジンなどの高価なハードでしかこういったゲームは楽しめなかったので、凄いものだと憧れたものです。

こちらはセガサターン版のオープニングムービーです。ちなみに、育成対象の
アイドル役の声優陣は、富永み~なさん、笠原弘子さん、かないみかさんの3人でした。



タイトル:DEBUT21 ジャンル:シミュレーション
メーカー:NECインターチャネル ハード:プレイステーション
発売日:1998年9月10日 価格:6,800円(税別)

1998年に「誕生 〜Debut〜」シリーズの新作「DEBUT21」が発売されました。
近未来が舞台のアンドロイドアイドル育成シミュレーションゲーム。どうしてこうなった?



タイトル:有限会社地球防衛隊 ジャンル:シミュレーション
メーカー:メディアワークス ハード:プレイステーション
発売日:1999年4月28日 価格:6,800円(税別)

 ゲーム自体はプレイしたことが無いものの、こんなゲームあったなと思い出させてくれたタイトル『有限会社地球防衛隊』。ゲームとしては『サクラ大戦』に似ていまして、ハルカやミキといったアイドル候補生達が、巨大ロボットに乗って人命救助を行うといった内容です。(※アイドルマスター ゼノグラシアではありません)

 アイドル育成、恋愛、会社経営、人命救助、様々な要素を持つゲーム。盛りだくさんで面白そう!さらには、ウルトラマンの演出を担当されていた実相寺監督という無駄に大物な方が監修をされていたり、ZZガンダムのデザインを手がけた小林誠さんがZZガンダムみたいなロボットをデザインをしていたりと、ますます興味深い!そして、どの層をターゲットにしているのかサッパリ分からないところが本当に凄い!自分はプレイしませんので、誰かプレイしてみてください!

とても面白そうではあるのですが…。



タイトル:THE 大美人 ジャンル:アクション
メーカー:D3パブリッシャー ハード:プレイステーション2
発売日:2004年5月20日 価格:2,000円(税別)

 地球防衛軍やドリームクラブ等で有名なゲームメーカー『D3パブリッシャー』のアイドルと言えば『双葉理保』です。初登場は『Love Songs アイドルがクラスメ〜ト』(PS2)。このゲームで一部から絶大的な人気を集め、D3パブリッシャーの他作品にもゲスト出演するようになりました。このゲスト出演の後、満を持して双葉理保が主役のアドベンチャーゲームが2本も発売。さらには『ドリームクラブ』(Xbox360,PS3)ではホストガールとして登場。来た仕事はなんでもやる(やらされている?)大人気アイドルです。

なんでもやればいいというものではありません。仕事は選びましょう。



タイトル:アイドルマスター
ジャンル:シミュレーション メーカー:ナムコ ハード:アーケード
発売日:2005年7月25日 プレイ料金:1クレジット200円、3クレジット500円

 2005年夏、アーケード版『アイドルマスター』が稼働しました。アイドルをプロデュースし、オーディションに合格してファンを集め、最終的にはトップアイドルを目指すといった内容です。当時、ゲームセンターという公共の場で、アイドルを扱ったゲームが登場したということに驚かされた記憶があります。人前でこの手のゲームをプレイするツワモノなんているのかと率直に思ったのですが、そんなことに臆せずプレイしていた人がいたからこそ、今もなおこのコンテンツは続いている訳です。

 アーケードでのアイドルゲームといいますと、アイマス以降、『プリティーリズムシリーズ』、『アイカツ!』といった、女の子向けのゲームが登場しました。これらのゲームは、『プリティーリズム』ではプリズムストーン、『アイカツ!』ではカードを集めて、アイドルをコーディネイトする要素が、メインターゲットである女の子達や、裏ターゲットである大きなお友達にも受けているようです。ショッピングモール等で、ゲームコーナーの横を通りますと、『アイカツ!』の筐体の前に人だかりができているところをよく見かけました。公衆の場で多くの方が並んでいるところを見ますと、人気があるのが如実に分かりますね。
 

難易度が高いアーケード版。この難易度の高さもアイマスの魅力だったような気がするのですが。



タイトル:AKB1/48 アイドルと恋したら…
ジャンル:恋愛シミュレーション メーカー:バンダイナムコゲームス
ハード:PlayStation Portable 発売日:2010年12月23日
価格:通常版4,980円(税別)  期間限定生産版6,980円(税別)
初回限定生産版9,980円(税別) プレミアスペシャルパック34,980円(税別)

 実在するアイドルグループ『AKB48』が登場するゲームで、『AKB48』のメンバー全員がプレイヤーのことが好きな状態、つまりはハーレム状態からゲームが始まります。最終的に47人を振って、最後の1人とハッピーエンドを迎えるというファンの妄想極まりないゲームであります。40万本以上の売上を記録していますので、アイドルゲーム史上最も売れたゲームと言えるでしょう。ゲームとしては、48人分の内容を1人1人細かく作りこむなんて想像しただけでも無理だと分かる通り、ゲーム性は薄いものとなっています。しかしながら、多くのアイドルの写真や音声が収録されていますので、ファングッズとしては価値のあるものだと思います。このゲームのプロデュースはもちろん秋元康さん。かつて『バナナン王子の大冒険』(ファミリーコンピュータ)というゲーム等も手がけられていました。あえてタブーである恋愛という要素を入れて、ファンの妄想を具現化させたゲームを製作するとは、さすがは根っからの企画屋だなと感じずにいられません。

続編として『AKB1/48 アイドルとグアムで恋したら…』と『AKB1/149 恋愛総選挙』が発売。
『AKB1/149 恋愛総選挙』については、製作発表時のタイトルが『AKB1/153 恋愛総選挙』でした。



タイトル:アイドルマスター シンデレラガールズ
ジャンル:カードゲーム メーカー:バンダイナムコゲームス
ハード:フィーチャーフォン、iOS、Android
配信開始日:2011年11月28日 価格:無料(アイテム課金制)

 アーケード版『アイドルマスター』の稼働から既に10年以上が経過し、現在ではソーシャルゲーム『シンデレラガールズ』、『ミリオンライブ!』、『SideM』が配信され、コンテンツがさらに拡大しています。先陣を切った『シンデレラガールズ』については会員数500万人を突破。カードのデザイン・キャラクター設定の作りこみであったり、ソーシャルゲーム特有のプレイヤー同士の交流、アイドルもののソーシャルゲームとして先行していたことが功を奏したものと思われます。

 『シンデレラガールズ』のヒットによるものなのか、アイドルゲームが多数発売・配信されるようになり、全ては把握できないほど数が増えてきました。特にスマートフォンでプレイできるものが最近多いのですが、自身でプレイしたことがあるのは、アイマス関連、Wake Up, Girls!、ラブライブの音ゲーぐらいでしょうか。

765プロ以外のアイドルが登場することでアイマスの世界が一気に広がりました。



タイトル:ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル
ジャンル:リズムアクション メーカー:KLab
ハード:iOS5.1以降、Android2.3以降(一部機種を除く)
配信開始日:2013年4月15日 価格:無料(アイテム課金制)

 スクールアイドルフェスティバル(通称スクフェス)については、なんだか悪いなと思いつつ、無料で楽しんでしまっています。定期的に行われるイベントで上位に入り、レアなカードを手に入れるには課金が必要なってくると思うのですが、ゲームそのものを楽しむ分には課金をしなくても十分楽しめる親切な作りとなっています。シンプル操作で、かつ丁寧な作り。遊びやすく好印象のゲームです。この様な作りになった訳は、まずはラブライブの楽曲に親しんでもらおうという意図があるからなのかもしれません。CDの売り上げに繋がりますしね。現に、このゲームからラブライブに興味を持たれた方もいるそうで、たとえ課金率が低かったとしても、ラブライブというコンテンツへの貢献度はかなりのものがあると推測できます。

 2015年に『シンデレラガールズ』のリズムアクションゲーム『シンデレラガールズ スターライトステージ』が配信。スクフェスのゲームシステムにとても似ている作りではあるのですが、ハイクオリティな映像で構成されたライブシーンや登場アイドルの多さで違いを見せ、大人気アイドルが出演したCMも話題に。スクフェスはこれに対抗して、『ラブライブ!サンシャイン!!』のアイドルAqoursを投入。リズムアクションゲームのシェアはどう移り変わっていくのか今後の展開が楽しみです。

アイマスのソーシャルゲームと違うのは、メインアイドル以外は基本的にモブ扱いであるというところ。
この違い、何気に面白い点だと思います。あえて世界観を広げないという選択肢もアリなのだなと感じました。



 さてさて、アイドルを題材にしたゲーム作品を振り返ってみましたがいかがだったでしょうか。昔のアイドルゲームは、どうもキワモノのイメージが強かったのですが、時が経つにつれて、真面目にアイドルゲームしてるものが多くなっていったように思います。これは、アイドルゲームというものが確立されていった歴史を如実に表しているのではないでしょうか。現在では、ゲームのジャンルの1つとしてアイドルゲームがあるのだなと実感。とはいうものの、また違ったタイプのアイドルゲームが今後登場するかもしれません。2014年に発売されたPS4用ゲームソフト『オメガクインテッド』はアイドルRPG。アイテムに『おむつ』はあるのでしょうか?またキワモノの時代が帰ってくるのかどうか注目です。