輝きが向こう側へ!

輝きが向こう側へ!

思いついたことをそのまま記事にしている何の脈略もないブログです。アニメやゲームの感想等を掲載。

【感想】ライブクリエイトアクションゲーム『ラブライブ! スクールアイドルパラダイス』

タイトル:ラブライブ! スクールアイドルパラダイス
ジャンル:ライブクリエイトアクション メーカー:角川ゲームス
ハード:PS Vita(PS Vita TV非対応) 発売日:2014年8月28日
価格:通常版6,480円(税別)、DL版5,980円(税別)、初回限定版9,980円(税別)

ラブライブ!  School idol paradise Vol.1 Printemps 初回限定版

ラブライブ! School idol paradise Vol.1 Printemps 初回限定版

 

 グラフィックの出来であったり、再三の発売延期であったり、発売前から不穏な話題が挙がっていました『ラブライブ! スクールアイドルパラダイス』。そんな前評判を気にもせず初回限定版3パッケージを購入しましたので、実際にプレイしてみての感想をまとめてみたいと思います。

 通販で購入したのですが、大きなダンボール箱が自宅に届きました。また大げさな箱で梱包して、中には小さい箱が3つ入っているのだろうと思っていましたら、中からも大きな箱3つがご登場。ゲームのパッケージ自体は小さいのですが、ねんどろいどぷち入りですので箱が大きいのです


確かにグラフィックの出来はあまりよろしくないのですが
9人のキャラクターを同時に動かすには、ある程度質を落とすこともやむなしです。
しかし、質を落としてもまだ画面がカクついているのは非常につらい。

 

■PS Vita TVには非対応ですのでご注意を

 早速、ゲームをプレイ。まずは試しにPS Vita TVでプレイしてみたのですが、非対応ということで動きませんでした。タッチパネルでないと操作できない箇所が1つだけありますのでその為かと思われます。仕方がありませんので普通のVitaでプレイすることに。

 

キャラクターの指の動きをなぞるフューチャーモード。
普通になぞっても反応しないことが多いので、指が通る前に星をこするのが確実かも。

 

■収録曲について

 購入しました3パッケージの中から、絢瀬絵里、矢澤にこ、西木野真姫の3人が主役となる Vol.2 BiBi(ユニット名)をプレイ。他のパッケージとの違いとしては、ストーリーモードと収録楽曲が違います。それぞれのパッケージによって大幅にゲームの内容が異なる訳ではありませんので、お気に入りのユニットのものだけを購入するというのもアリでしょう。収録曲については以下の通りです。

 

共通曲

・Shangri-La Shower(新曲)

・僕らは今のなかで / LittleMore-Rock Mix

・START:DASH!! / Bitter-Sweet Mix

・Wonderful Rush / Hevey-Rush Mix

・No brand girls / GRP-Explosion Mix

・Music S.T.A.R.T!! / SKA-Feel Mix

 

Vol.1 Printemps

・愛は太陽じゃない?

・スピカテリブル

・孤独なHeaven

・Pure girls project / Super-Mondo Mix

 

Vol.2 BiBi

・ありふれた悲しみの果て

・まほうつかいはじめました!

・Daring!!

・Cutie Panther / Metal-Panther Mix

 

Vol.3 lily white

・私たちは未来の花

・恋のシグナル Rin rin rin!

・純愛レンズ

・微熱からMystery / TeKe-TeKe ELEKI Mix

 

 1パッケージにつき、全16曲が収録されていますが、うち6曲は収録曲のMixです。新曲は『Shangri-La Shower』のみ。同じラブライブのリズムアクションゲーム『スクールアイドルフェスティバル』(以下『スクフェス』)と比べますと、収録曲はとても少なく感じますが、後々ダウンロードコンテンツとして曲が追加されるそうです。

 

■スクフェスにはないこのゲームの特色とは

 このゲームの特色として曲の尺がフルであることと、CGグラフィックによるライブシーンが挙げられます。これまでライブシーンが描かれなかった曲が、振り付きで見ることが出来るのはこのゲームならではのメリットと言えます。これまでラブライブのライブイベントでは、アニメのライブシーンを声優さんが再現されていましたが、その逆で、声優さんのライブシーンをCGで再現しているのは見ていて面白く感じました。


ライブでの振り付けが再現されているのは高評価。

 

■とりあえず作ってみた感じが否めないストーリーモード

 ストーリーモードがあるのですが、ストーリーがあってないようなものと言いますか、他愛のない会話がただただ続くだけという印象。グラフィックについては、各キャラに専用モーションがついてはいるものの数が少なく、見ていて楽しいかというとそうでもなく、とりあえずストーリーモードを作ってみた感じが否めない出来でした。μ'sのメンバーの会話が聴ければそれで満足!という方であれば楽しめるのかもしれません。BGMやSEの音量を0にできますので、音声を録音して素材にするという、ある特定の方々には別の意味で楽しめそうだなとは感じました。


一応ストーリー分岐はありますが、ストーリーそのものの出来が…。

 

■リズムアクションではなくライブクリエイトアクションだと自分に言い聞かせてみる

 肝心のゲームとしてどうなのかと言いますと、リズムアクションゲームとしては物足りなさを感じました。フルコンボという要素がなく、それなりにタイミングよくリズムをきざむことができればそれでクリアといった具合で、リズムアクションゲームを楽しみたい方には不向きなゲームだと思いました。このゲームのジャンルは『ライブクリエイトアクション』。リズムアクションゲームの要素はあるものの、ライブ中に演出(ライトを当てたり、雪を降らせたり出来る)を入れたり、各キャラにアピールを指示したりして、”得点を稼ぐ”=”観客に楽しんでもらう”のが目的のゲームです。どうしても『スクフェス』と比べられてしまう本作ですが、それとは別物と考えた方が良いようです。

 ラブライブの3rdライブイベントの際に大々的にゲーム化が発表された本作。売り上げ自体は中々のものだったのですが、ゲームそのものの出来については褒められるものではありませんでした。過去にこういう話がありました。元々作りこみが評価されていたゲーム『サクラ大戦』。『サクラ大戦V』の発売前に、外伝的なゲームをいくつか製作したものの、それらのゲームの出来がこれまで作りこまれていたものとは異なり、出来があまりよろしくなく、ブランドを傷つけてしまったということがありました。『サクラ大戦V』自体の出来は悪くなかったものの、ブランド力が低下してしまい、その影響なのかどうかは分かりませんが未だに新たなナンバリングタイトルは発売されていません。今のラブライブには勢いがありますので、このゲームがダメだったからといって、何のダメージも受けないだろうと思います。ですが、状況が状況でしたら悪影響もあった訳です。ゲームを発売するにしても、そのものの出来が悪くてはブランド力の低下に繋がってしまいますので、今後は慎重な動きを見せていただきたいものです。

 

ゲームの出来がアレでも、楽曲の良さでそんなに悪くないなと思わせてしまうところは凄いかも。